○徳島大学病院長候補者選考細則

平成27年7月29日

病院長制定

(趣旨)

第1条 この細則は,徳島大学病院長選考規則(平成27年度規則第14号。以下「規則」という。)第10条の規定に基づき,病院長候補適任者の選定及び意向調査の実施に関して必要な事項を定めるものとする。

(候補適任者の選定)

第2条 病院運営会議は,規則第6条第1項による応募者のうちから病院長候補適任者を3人以内の複数人選定する。この場合において,応募者がなかったときは,病院運営会議において協議する。

2 前項前段の規定にかかわらず,病院運営会議が特に必要と認めたときは,規則第7条第1項ただし書に基づく学長の承認を得て,病院長候補適任者を1人とすることができる。

(意向調査)

第3条 病院運営会議は,規則第7条第3項により承認された病院長候補適任者について,関係者の意向を調査するため,投票資格者による投票を行う。

(投票資格者)

第4条 投票資格者は,次の各号に掲げる者とする。ただし,投票の日から遡って1月以内に当該職に就いた者については投票資格者としない。

(1) 病院長

(2) 病院の専任教員及び特任教員(国立大学法人徳島大学特任職員就業規則(平成25年度規則第3号)第3条第1号に規定する特任教員をいい,病院に併任された特任教員を含む。)。ただし,寄附講座及び寄附研究部門並びに共同研究講座及び共同研究部門において教育研究に従事し,又は病院が契約に基づき行う受託研究及び受託事業に従事する特任准教授,特任講師及び特任助教を除く。

(3) 大学院医歯薬学研究部(薬科学部門にあっては,医薬品情報学分野及び医薬品機能生化学分野に限る。)の専任教員

(4) 病院薬剤部の副薬剤部長(技術職員である者)及び室長

(5) 病院看護部の看護部長,副看護部長及び看護師長

(6) 病院診療支援部の診療支援部長及び副診療支援部長

(7) 病院診療支援部の技術職員のうち,徳島大学病院診療支援部規則に規定する部門長,技師長及び副技師長

(8) 病院栄養部の副栄養部長

(9) 病院事務部の事務部長,課長及び副課長

2 前項の投票資格者のうち,投票の日の1月前に,次の各号の一に該当する者は,これを除くものとする。また,投票の日までに,投票資格に該当する職を去った者は,投票資格を失うものとする。

(1) 休職者及び育児休業者

(2) 引き続き90日を超える病気休暇及び介護休暇中の者

(3) 90日を超える予定で海外渡航中の者

(意向投票の公示)

第5条 意向投票の公示は,投票の日の10日前までに行う。

2 前項の公示には,次の事項を記載しなければならない。

(1) 投票日時及び場所

(2) 病院長候補適任者

(3) 投票資格者

(候補適任者の周知)

第6条 病院運営会議は,投票に当たっては,第4条第1項に規定する投票資格者に病院長候補適任者の抱負,識見及び経歴を周知するものとする。

(投票)

第7条 投票は指定の期日及び場所において単記無記名投票をもって行うものとする。ただし,病院長候補適任者が1人のときは,その者を病院長候補者とすることの可否の表示をもって行うものとする。

2 前項本文の投票において,次の投票は,無効とする。

(1) 所定の用紙を用いないもの

(2) 病院長候補適任者以外の者の氏名を記載したもの

(3) 2人以上の氏名を記載したもの

(4) 病院長候補適任者の氏名のほか,他事を記載したもの。ただし,職名,敬称等を記載したものは,この限りでない。

(5) 病院長候補適任者のだれを記載したか確認しがたいもの

3 第1項ただし書の投票において,次の投票は,無効とする。

(1) 所定の用紙を用いないもの

(2) 可否のほか,他事を記載したもの

(3) 可否のいずれか確認しがたいもの

4 代理投票は認めない。

(不在者投票)

第8条 投票の日に投票を行うことのできない投票資格者は,第9条第4項第34号に規定する供覧終了日の翌々日から投票の日の前日まで(休日を除く。)の午前9時から午後5時までの間に不在者投票を行うことができる。

(病院長意向調査管理委員会)

第9条 病院運営会議は,病院長候補者の意向調査に必要な事務を行うため,病院長意向調査管理委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は,次の各号に掲げる委員をもって組織する。

(1) 徳島大学病院(以下「病院」という。)の教授(病院に併任された大学院教授を含む。)で,病院運営会議において互選された者 医科診療部門及び歯科診療部門各2人

(2) 病院の医科診療部門及び歯科診療部門の准教授又は講師(病院に併任された大学院の准教授又は講師を含む。) 各1人

(3) 病院の医科診療部門及び歯科診療部門の助教(病院に併任された大学院の助教を含む。) 各1人

(4) 総務課長

3 前項により委員が定まったときは,病院運営会議の議長は,その氏名を病院運営会議に報告しなければならない。

4 委員会は,次の各号に掲げる職務を行うものとする。

(1) 投票場所及び投票時刻を決定し,公示すること。

(2) 病院長候補適任者の名簿及び略歴書を作成し,投票の日の10日前までに投票資格者に通知すること。

(3) 投票資格者名簿を作成し,医学部,歯学部及び病院内に投票公示の日から3日間(行政機関の休日に関する法律(昭和63年法律第91号)に規定する休日(以下「休日」という。)を除く。)供覧して,投票資格者を確定すること。

(4) 投票資格者に投票通知書を送付すること。

(5) 投票用紙を作成し,管理すること。

(6) 病院長候補適任者による講演会を実施すること。

(7) 投票に立ち会い,投票場を管理すること。

(8) 開票を行い,及び投票の効力を判定すること。

(9) その他投票に関する事項

(開票)

第10条 前条第4項第8号の開票は,投票箱を1箇所に集めて,委員会が行うものとする。

2 開票が終わったときは,委員会は,投票の結果を速やかに病院運営会議の議長に報告しなければならない。

(無効)

第11条 投票総数が投票資格者総数の過半数に満たないときは,その投票は無効とし,この細則により改めて投票を行うものとする。

(雑則)

第12条 この細則の実施について必要な事項は,病院運営会議が別に定める。ただし,病院長候補者の意向調査に関する事務については,委員会に専決させる。

附 則

1 この細則は,平成27年8月1日から施行する。

2 徳島大学病院長選考に関する申合せ(平成15年10月1日制定)は,廃止する。

附 則(平成28年3月17日改正)

この細則は,平成28年4月1日から施行する。

徳島大学病院長候補者選考細則

平成27年7月29日 病院長制定

(平成28年4月1日施行)