○徳島大学病院長選考規則

平成27年7月29日

規則第14号制定

(趣旨)

第1条 この規則は,徳島大学病院長(以下「病院長」という。)の選考及び任期等について必要な事項を定めるものとする。

(選考の時期)

第2条 学長は,次の各号のいずれかに該当する場合に,病院長を選考する。

(1) 病院長の任期が満了するとき。

(2) 病院長が辞任を申し出たとき。

(3) 病院長が欠員となったとき。

2 選考の時期は,前項第1号に該当する場合は任期満了日の1月前までに,同項第2号又は第3号に該当する場合は速やかに行う。

(資格)

第3条 病院長は,徳島大学病院の業務の総括という職務の重要性に鑑み,次の各号の条件を満たす者でなければならない。

(1) 医師法(昭和23年法律第201号)に基づき医師免許証を交付された医師である者

(2) 学識が優れ,教育研究,診療及び病院経営に関する識見を有し,かつ,管理運営能力を有する者

(選考)

第4条 学長は,第8条に規定する意向調査の結果を参考にして,役員会の議を経て病院長を選考する。

(学内から選考した場合の措置)

第5条 学長は,本学の専任の教授のうちから病院長を選考したときは,病院運営を円滑に遂行するために必要な措置を講ずるものとする。

(候補者の募集)

第6条 病院運営会議は,病院長候補者を公募する。

2 公募の方法については,病院運営会議が別に定める。

(病院長候補適任者の選定)

第7条 病院運営会議は,前条第1項の応募者のうちから病院長候補適任者を3人以内の複数人選定する。ただし,学長が認めたときは,病院長候補適任者を1人とすることができる。

2 病院運営会議は,病院長候補適任者を選定したときは,経歴及び所信等を添えて学長に報告し,承認を得なければならない。

3 学長は,前項の報告があったときは,役員会の議を経て病院長候補適任者を承認する。

4 役員会は,病院長候補適任者に対し面接を実施することができる。

(意向調査)

第8条 病院運営会議は,前条第3項により承認された病院長候補適任者について,関係者の意向を調査するものとする。

2 病院運営会議は,意向調査の結果を学長に報告する。

(任期)

第9条 病院長の任期は3年とする。ただし,病院長が任期の途中で欠員となった場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。

2 病院長は,再任されることができる。ただし,引き続き6年を超えることはできない。

(細則)

第10条 この規則に定めるもののほか,病院長候補適任者の選定及び意向調査の実施について必要な事項は,病院運営会議が別に定める。

(規則の改正)

第11条 この規則の改正は,病院運営会議の議を経て,学長が行う。

附 則

1 この規則は,平成27年8月1日から施行する。

3 この規則施行の際現に病院長の職にある者については,この規則の規定に基づき選考されたものとみなし,その任期は,第9条の規定にかかわらず,平成28年3月31日までとする。

徳島大学病院長選考規則

平成27年7月29日 規則第14号

(平成27年8月1日施行)