○徳島大学工学部長候補者選考細則

平成26年9月11日

工学部長制定

(趣旨)

第1条 この細則は,徳島大学学部長選考規則(平成26年度規則第5号。以下「規則」という。)第7条第3項の規定に基づき,徳島大学工学部長(以下「学部長」という。)候補者の推薦について必要な事項を定めるものとする。

(意向投票)

第2条 教授会は,規則第7条第1項の規定に基づき,学部内の意向を調査するため,規則第4条に規定する学部長の資格を有する者について投票資格者による投票(以下「意向投票」という。)を行う。

(投票資格)

第3条 投票資格者は,次の各号に掲げる者とする。

(1) 工学部(工学部に併任された大学院教員を構成員として含む。)の専任の教授,准教授,講師及び助教

(2) 大学院ソシオテクノサイエンス研究部総合技術センターの副センター長及び分野長の職にある者

(3) 工学部の事務職員のうち係長相当職以上の職にある者

(4) 大学院ソシオテクノサイエンス研究部フロンティア研究センターナノマテリアルテクノロジー分野(寄附講座)の教員

2 前項の投票資格は,投票の公示の日にこれを有していなければならない。ただし,投票の日までに投票資格に該当する職を去った者は,投票資格を失うものとする。

3 前項の規定にかかわらず,次の各号に掲げる者は,投票資格者から除くものとする。

(1) 休職者,育児休業者,介護休業者及び自己啓発等休業者

(2) 引き続き90日を超える病気休暇中の者

(3) 90日を超える予定で海外渡航中の者

(投票)

第4条 投票は,指定の期日及び場所において3人連記無記名投票をもって行うものとする。

2 代理投票は,認めない。

(不在者投票)

第5条 投票の日に投票を行うことのできない投票資格者は,投票の日の7日前から前日まで(休日を除く。)の午前9時から午後5時までの間に不在者投票を行うことができる。

(投票事務)

第6条 徳島大学工学部学科長会は,意向投票に関する事務を管理する。

(無効)

第7条 投票総数が投票資格者数の3分の2に満たないときは,その投票は無効とし,この細則により改めて意向投票を行うものとする。

(学部長候補適任者の選定)

第8条 教授会は,意向投票の結果により学部長候補適任者5人を選定する。この場合において,学部長候補適任者は,得票順に上位5位までの者とし,得票が同数で学部長候補適任者が6人以上となるときは,そのすべてを学部長候補適任者とする。

(候補者の決定)

第9条 教授会は,前条の規定により選定された学部長候補適任者のうちから投票により学部長候補者3人を決定する。

2 前項の投票は,教授会において単記無記名投票により行い,得票順に上位3位までの者を学部長候補者とする。この場合において,3位までに得票が同数の者があるときは,同数者についてさらに投票を行い,上位者3人を決定する。

(候補適任者の周知)

第10条 教授会は,学部長候補者の決定に当たっては,教授会構成員に学部長候補適任者の抱負,識見及び経歴を周知する。

(候補者の推薦)

第11条 学部長又はその代理者は,第9条の規定により決定した学部長候補者を学長に推薦する。

(雑則)

第12条 この細則に定めるもののほか,学部長候補者の推薦について必要な事項は,教授会が別に定める。

附 則

1 この細則は,平成26年9月11日から施行する。

2 徳島大学工学部長選考規則実施細則(昭和28年12月11日制定)は,廃止する。

徳島大学工学部長候補者選考細則

平成26年9月11日 工学部長制定

(平成26年9月11日施行)