○徳島大学外国人研究者受入規則

平成26年9月16日

規則第10号制定

(趣旨)

第1条 この規則は,徳島大学(以下「本学」という。)における学術研究の国際交流を推進するため,本学において教育研究活動を行う外国人の研究者(国立大学法人徳島大学と労働契約を締結した者を除く。以下「外国人研究者」という。)の受入れに関し,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「部局」とは,大学院各研究部,教養教育院,先端酵素学研究所,徳島大学学則(昭和33年規則第9号)第4条に定める共同教育研究施設等及び病院をいう。

2 この規則において「部局長」とは,前項の部局の長をいう。

(受入資格)

第3条 外国人研究者として受け入れることのできる者は,本学の教授,准教授,講師又は助教に相当する資格を有する者で,次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 本学において原則として1月以上共同研究に従事する者

(2) 本学が海外拠点を置く教育研究機関等から誘致する教育研究ユニットの構成員として,本学において3月以上教育研究に従事する者

(受入手続)

第4条 外国人研究者の受入れは,受入部局の教授会(教授会を置かない部局にあっては当該部局の管理運営に関する事項を審議する運営委員会等。以下同じ。)の議を経て,学長が決定する。

2 部局長は,前項の規定により受け入れた外国人研究者が研究等を開始したとき及び終了したときは,速やかに学長にその旨を報告するものとする。

(受入期間)

第5条 外国人研究者の受入期間は,1年以内とする。ただし,学長が必要と認めるときは,期間を延長することができる。

(受入期間の変更)

第6条 外国人研究者の受入期間の変更は,受入部局の教授会の議を経て,学長が決定する。ただし,1か月以内の変更については,部局長が決定し,学長に報告するものとする。

(経費の支給)

第7条 外国人研究者には,渡航費,滞在費及びその他の費用は支給しない。ただし,寄附金で支出できる場合及びその他の経費で予算責任者が支出を認める場合は,この限りでない。

(施設等の使用)

第8条 学長は,外国人研究者がその活動に従事するために必要な本学の施設,設備等を使用させることができる。

(規則の遵守等)

第9条 外国人研究者は,本学の諸規則を遵守するとともに,部局長の指示に従わなければならない。

(損害賠償)

第10条 外国人研究者は,故意又は重大な過失により本学の施設,設備等を滅失し,又は損傷した場合は,その損害を賠償しなければならない。

(受入れの取消)

第11条 学長は,外国人研究者が,教育研究その他本学の正常な運営に重大な支障を生じさせたときは,当該外国人研究者の受入れを取り消すことができる。

(訪問教授等の称号の付与)

第12条 学長は,外国人研究者の受入れに際し,本学の教授と同等の資格があると認められる者で,部局長が推薦するものに対しては,訪問教授の称号を付与することができる。

2 学長は,前項の規定によるほか,第3条第2号に基づき受け入れる外国人研究者で,部局長が推薦するものに対しては,訪問准教授,訪問講師又は訪問助教の称号を付与することができる。

3 部局長は,前2項の推薦にあたっては,国立大学法人徳島大学教員選考基準(平成16年4月1日裁定)に準じて選考するものとする。

(外国に長期間滞在する日本人研究者の受入れ)

第13条 外国に長期間滞在する日本人研究者の受入れについては,この規則による外国人研究者に準じて取り扱うものとする。

(雑則)

第14条 この規則に定めるもののほか,外国人研究者の受入れに関し必要な事項は,別に定める。

附 則

1 この規則は,平成26年9月16日から施行する。

2 徳島大学外国人研究者受入要項(昭和56年7月28日制定。)は,廃止する。

3 この規則施行の日の前日に受け入れている外国人研究者及び同日までに受入れを決定され,平成26年9月16日以降に受け入れる外国人研究者は,この規則により受入れを決定されたものとみなす。

附 則(平成27年3月17日規則第40号改正)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月15日規則第64号改正)

この規則は,平成28年4月1日から施行する。

徳島大学外国人研究者受入規則

平成26年9月16日 規則第10号

(平成28年4月1日施行)