○徳島大学学部学生の大学院授業科目の履修に関する規則

平成26年2月18日

規則第62号制定

(趣旨)

第1条 この規則は,徳島大学学則第34条第2項の規定に基づき,徳島大学(以下「本学」という。)の学部に在学する学生(以下「学部学生」という。)が本学大学院の授業科目を履修すること(以下「早期履修」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 早期履修は,本学大学院に進学を志望する学業優秀な学部学生に対して本学大学院の授業科目を履修する機会を提供するとともに,学部教育と大学院教育との連携を図ることを目的とする。

(早期履修生)

第3条 大学院において早期履修を行う者(以下「早期履修生」という。)は,科目等履修生として取り扱うものとし,徳島大学科目等履修生規則に定めるもののほか,この規則の定めるところによる。

2 早期履修生の入学等に関して必要な事項は,徳島大学科目等履修生規則第3条から第7条まで及び第9条の規定にかかわらず,この規則によるものとする。

(授業科目)

第4条 早期履修生が履修できる大学院授業科目は,学生が所属する学部の学科を基礎とする教育部の授業科目とする。

2 早期履修を実施する教育部は,早期履修の対象となる授業科目をあらかじめ定めるものとする。

(履修科目の上限)

第5条 早期履修生が履修することができる単位数は,10単位の範囲内で各教育部が定める。

(入学資格)

第6条 早期履修生として入学できる者は,次の各号のすべてに該当する者とする。

(1) 修業年限4年の課程にあっては,4年次への進級要件を満たしている者又は4年次に在学中の者,修業年限6年の課程にあっては,原則として4年次への進級要件を満たしている者又は4年次以上に在学中の者で,本学大学院に進学を希望する者

(2) 所属学部の長が学業優秀であると認め,かつ,本学大学院の授業科目を履修することが教育上有益であると認めた者

(3) 進学を希望する教育部の長が第4条第2項の規定により定める授業科目を履修する学力があると認めた者

2 前項第2号の審査は,学部教授会において行う。

3 第1項第3号の審査は,教育部教授会において行う。

(入学の出願)

第7条 早期履修生として入学を希望する者(以下「入学志願者」という。)は,履修しようとする学期の始めの原則として1月前までに早期履修生(科目等履修生)入学願書(別記様式第1号)により,学長に出願するものとする。

(入学者選考)

第8条 所属学部の長は,入学志願者について第6条第1項第2号の資格を認めるときは,早期履修生推薦書(別記様式第2号)に履修しようとする年度の前年度までの成績を記載した書類を添えて,履修しようとする授業科目を開設する教育部の長に推薦するものとする。

2 教育部の長は,前項の推薦に基づき教授会において審議し,第6条第1項第3号の資格を認めるときは,当該教育部の教育に支障のない範囲内で入学者を選考し,学長が合格者を決定する。

(入学許可)

第9条 学長は,前条第2項の合格者に対し,入学を許可する。

2 教育部の長は,前項の入学許可と併せ,大学院授業科目早期履修通知書(別記様式第3号)により,所属学部の長を通じて本人に通知するものとする。

(履修科目の取消し)

第10条 履修科目は,特別の事情により履修できない場合に限り,取消すことができる。

2 前項の取消しをしようとする者は,授業開始一週間前までに,大学院授業科目早期履修取消届(別記様式第4号)により,所属学部の長の許可を得て,取消しをしようとする授業科目を開設する教育部の長に届け出るものとする。

(修得した単位の取扱い)

第11条 早期履修生が修得した単位は,所属学部の卒業要件単位に含めることはできない。

(検定料,入学料及び授業料)

第12条 早期履修生の検定料,入学料及び授業料については,別に定める。

(雑則)

第13条 この規則に定めるもののほか,早期履修に関し必要な事項は,学長が別に定める。

附 則

この規則は,平成26年2月18日から施行する。

画像

画像

画像

画像

徳島大学学部学生の大学院授業科目の履修に関する規則

平成26年2月18日 規則第62号

(平成26年2月18日施行)