○徳島大学大学院医歯薬学研究部総合研究支援センター動物資源研究部門規則

平成21年3月31日

規則第118号制定

(趣旨)

第1条 この規則は,徳島大学大学院医歯薬学研究部総合研究支援センター規則(平成20年度規則第116号)第3条第2項の規定に基づき,徳島大学大学院医歯薬学研究部総合研究支援センター動物資源研究部門(以下「動物資源研究部門」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(業務)

第2条 動物資源研究部門は,医学系分野,歯学系分野,薬学系分野,栄養学系分野及び保健学系分野に係る次の各号に掲げる業務を行う。

(1) 動物資源研究に関すること。

(2) 動物資源の飼養・管理及び開発に関すること。

(3) 動物資源研究に係る教育,研究に関すること。

(4) その他大学院医歯薬学研究部総合研究支援センターの目的を達成するために必要な業務(他部門の所掌に属するものを除く。)

(運営委員会)

第3条 動物資源研究部門に,動物資源研究部門運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

第4条 運営委員会は,動物資源研究部門の管理及び運営に関する重要事項を審議する。

第5条 運営委員会は,次の各号に掲げる委員をもって組織する。

(1) 動物資源研究部門長(以下「部門長」という。)

(2) 医学系分野の教授 2人

(3) 歯学系分野,薬学系分野,栄養学系分野及び保健学系分野の教授(栄養学系分野にあっては,特任教授を含む。) 各1人

(4) 先端酵素学研究所の教授 2人

(5) 大学院生物資源産業学研究部の教授 1人

(6) 動物資源研究部門の准教授

(7) その他運営委員会委員長が必要と認めた者

2 前項第2号から第5号まで及び第7号の委員は,センター長が委嘱する。

第6条 前条第1項第2号から第5号まで及び第7号の委員の任期は,2年とする。ただし,委員が任期の途中で欠員となった場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。

2 前項の委員は,再任されることができる。

第7条 運営委員会に委員長を置き,部門長をもって充てる。

2 委員長は,運営委員会を招集し,議長となる。

3 委員長に事故があるときは,委員長があらかじめ指名する委員がその職務を代理する。

第8条 運営委員会は,委員の過半数の出席がなければ,会議を開くことができない。

2 議事は,出席した委員の過半数をもって決する。

第9条 運営委員会が必要と認めるときは,会議に委員以外の者の出席を求めて意見を聴くことができる。

第10条 運営委員会の庶務は,蔵本事務部医学部総務課において処理する。

(小委員会)

第11条 運営委員会に,小委員会を置くことができる。

2 小委員会について必要な事項は,運営委員会が別に定める。

(ユーザー会議)

第12条 動物資源研究部門に,動物資源研究部門と動物資源研究部門利用者との連携を図るための組織として,ユーザー会議を置くことができる。

2 ユーザー会議について必要な事項は,部門長が別に定める。

(雑則)

第13条 この規則に定めるもののほか,動物資源研究部門について必要な事項は,大学院医歯薬学研究部総合研究支援センター長が別に定める。

附 則

この規則は,平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年12月13日規則第50号改正)

この規則は,平成23年1月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日規則第85号改正)

この規則は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月21日規則第45号改正)

この規則は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月26日規則第101号改正)

この規則は,平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月17日規則第40号改正)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月15日規則第80号改正)

1 この規則は,平成28年4月1日から施行する。

2 この規則施行後,最初に選出される第5条第1項第5号の委員の任期は,第6条の規定にかかわらず,平成29年3月31日までとする。

徳島大学大学院医歯薬学研究部総合研究支援センター動物資源研究部門規則

平成21年3月31日 規則第118号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
大  学/第5編 教育部,研究部又は研究所附属の教育研究施設/第2章 医歯薬学研究部附属の教育研究施設
沿革情報
平成21年3月31日 規則第118号
平成22年12月13日 規則第50号
平成23年3月31日 規則第85号
平成24年3月21日 規則第45号
平成26年3月26日 規則第101号
平成27年3月17日 規則第40号
平成28年3月15日 規則第80号