○徳島大学病院医科診療部門医師宿日直実施細則

平成15年10月1日

医学部・歯学部附属病院長制定

(趣旨)

第1条 この細則は,国立大学法人徳島大学宿日直規則(以下「規則」という。)第13条の規定に基づき,徳島大学病院医科診療部門における医師の宿日直勤務(以下「勤務」という。)の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(勤務者の人員及び範囲)

第2条 勤務を行う者(以下「勤務者」という。)の人員は,周産母子センターの新生児集中治療室(NICU)1人及び母胎・胎児集中治療室(MFICU)1人とし,勤務者の範囲は,周産母子センター及び関係する診療科(部)に属する医師とする。

(勤務の場所)

第3条 勤務の場所は,医師当直室,病棟,周産母子センター,集中治療室,救急診察室及び外来診察室とする。

(勤務の割振り)

第4条 勤務の割振りは,周産母子センター部長が行う。

(勤務の変更)

第5条 規則第6条第1項の規定による勤務の変更の願い出は,宿日直勤務変更願(別紙様式)により行うものとする。

(勤務の内容)

第6条 勤務者は,次の各号に掲げる業務を行わなければならない。

(1) 当該診療科等の施設・設備等の管理に関すること。

(2) 電話の収受に関すること。

(3) 緊急を要する対応,その他業務の実施上必要なこと。

(非常事態における措置)

第7条 非常事態が発生したときは,病院長及び周産母子センター部長(部長不在のときは,副部長)に急報してその指示を受けるとともに,臨機の措置を講じなければならない。この場合において,非常事態が災害に係るものであるときは,事務当直室勤務者に急報しなければならない。

(勤務結果の報告)

第8条 勤務者は,規則第11条の規定による勤務結果の報告をするときは,勤務中の取扱事項を記載した宿日直日誌を周産母子センター部長に提出しなければならない。

(宿日直用品)

第9条 規則第12条の規定による勤務に必要な帳簿及び物品は,次の各号に掲げるものとする。

(1) 宿日直関係規則綴

(2) 宿日直日誌

(3) その他勤務に必要なもの

(庶務)

第10条 勤務に関する庶務は,総務課において処理する。

附 則

1 この細則は,平成15年10月1日から施行する。

2 徳島大学医学部附属病院診療業務宿日直実施細則(昭和58年6月1日医学部附属病院長制定)は,廃止する。

附 則(平成16年4月1日改正)

この細則は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成16年7月15日改正)

この細則は,平成16年7月15日から施行する。

附 則(平成16年9月15日改正)

この細則は,平成16年10月1日から施行する。

附 則(平成16年11月17日改正)

この細則は,平成16年12月1日から施行する。

附 則(平成16年12月16日改正)

この細則は,平成17年1月1日から施行する。

附 則(平成17年1月20日改正)

この細則は,平成17年2月1日から施行する。

附 則(平成17年3月18日改正)

この細則は,平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月18日改正)

この細則は,平成22年4月1日から施行する。

画像

徳島大学病院医科診療部門医師宿日直実施細則

平成15年10月1日 医学部・歯学部附属病院長制定

(平成22年4月1日施行)