○徳島大学における施設の管理運営に関する規則

平成14年7月19日

規則第1724号制定

(趣旨)

第1条 この規則は,徳島大学(以下「本学」という。)の教育研究がより活性化するよう教育研究施設(以下「施設」という。)を適切に管理運営するために必要な事項を定めるものとする。

(施設の管理運営)

第2条 施設の管理運営とは,施設をその設置目的にあった良好な状態に継続的に保つための次に掲げる維持保全及び運用管理の活動をいう。

(1) 維持保全とは,施設を効率的・経済的に維持する業務で,施設の運転,点検,整備,省エネルギー,防災,清掃,環境衛生,診断,修繕,改修等を計画し実施することをいう。

(2) 運用管理とは,施設を安全・快適かつ効果的に活用するために,スペース管理,安全管理,環境管理等を計画し実施することをいう。

(管理運営の目標及び実行計画)

第3条 徳島大学施設委員会(以下「委員会」という。)は,施設の適切な管理運営の実現のため,次の各号の目標及び実行計画を定め,その実施に努めるものとする。

(1) 施設の品質・機能の確保及び維持に関する事項

(2) 施設利用の需要に合わせたスペース確保に関する事項

(3) 施設の財務に関する事項

(施設利用の原則)

第4条 施設は特定の部局又は教職員の専有物ではなく,本学全体の共有物であり,施設の利用は,本学における教育研究のため,期間を定めて利用者に貸与されることにより行われるものとする。

(共用施設と専用施設)

第5条 学長は,委員会の議を経て,本学の施設を全学的な利用を促進する共用施設と主として部局で利用する専用施設に区分し,その施設名称,位置等を指定する。

2 学長が必要と認める場合は,委員会の議を経て,共用施設の管理運営を特定の部局又は幾つかの部局に命ずることができる。

(施設管理責任者)

第6条 施設の管理運営の目標を達成するため,各施設に施設管理責任者を置く。

2 施設管理責任者は当該部局長等とする。

3 施設管理責任者は,期間を定めて所管する施設を利用者に貸与することができる。

4 施設管理責任者は,各施設の利用資格,施設の区分,利用の方法,利用期間,施設の点検・評価の実施,施設の光熱水料負担等施設の管理運営に関して必要な事項を定め,委員会に報告しなければならない。

5 施設管理責任者は,施設の品質の状況,施設の利用状況,ファシリティコスト及びその他施設の管理運営に関して必要な事項を定期的に点検・評価し,その結果を委員会に報告しなければならない。

(施設利用責任者)

第7条 施設管理責任者は,施設利用計画の作成並びに施設の有効利用及び良好な施設環境の維持のために,施設利用責任者を指名する。

2 施設利用責任者は,国立大学法人徳島大学固定資産管理事務取扱細則で定める不動産監守者を兼ねることができる。

(施設利用者の責務)

第8条 施設を利用する者は,利用する施設が本学の共有物であることを認識し,施設環境を常に良好に保つとともに施設の有効利用に努めなければならない。

2 施設利用者が,施設の利用に際し前項に著しく反するときは,施設管理責任者は,施設利用者に対し,施設利用を取り消し,又はその利用を停止することができる。

(施設の点検・評価)

第9条 委員会は,全学の施設について,施設の管理運営に関して必要な事項を点検・評価する。

(施設の改善)

第10条 委員会は,第6条第5項又は前条の施設の点検・評価の結果を踏まえて,施設の改善計画を立案するものとし,施設の管理運営に不都合があるときは,施設管理責任者に対して改善勧告を出すものとする。

2 施設管理責任者は,前項による改善勧告があった場合には,速やかに改善を行わなければならない。

(施設調査等)

第11条 施設の点検・評価の資料とするため,事務局において施設調査を実施する。

(雑則)

第12条 この規則に定めるもののほか,施設の管理運営について必要な事項は,委員会の議を経て学長が別に定める。

附 則

この規則は,平成14年7月19日から施行する。

附 則(平成16年12月1日規則第118号改正)

この規則は,平成16年12月1日から施行し,この規則による改正後の徳島大学における施設の管理運営に関する規則第7条第2項の規定は平成16年4月1日から適用する。

附 則(平成27年3月17日規則第40号改正)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月22日規則第54号改正)

この規則は,平成29年4月1日から施行する。

徳島大学における施設の管理運営に関する規則

平成14年7月19日 規則第1724号

(平成29年4月1日施行)