○徳島大学病理組織検査規則

昭和45年12月21日

規則第370号制定

第1条 徳島大学の医学部,歯学部又は病院が受託する病理組織検査(以下「検査」という。)については,この規則の定めるところによる。

第2条 検査を依頼しようとする者(以下「依頼者」という。)は,別に定める病理組織検査申込書(以下「申込書」という。)に検査の材料を添えて,医学部長,歯学部長又は病院長に提出するとともに,検査料を納付しなければならない。ただし,特別の理由があると認められる場合には,検査料を後納することができる。

2 既納の検査料は,還付しない。

第3条 検査料は,健康保険法の規定による療養に要する費用の額の算定方法(平成6年厚生省告示第54号)の別表第1医科診療報酬点数表第2章第3部第2節第1款に規定する検査の点数に10円を乗じて得た額に100分の108を乗じて得た額(1円未満の端数が生じる場合には,その端数を四捨五入する。)とする。

2 他の医療機関が作製する組織標本を検査する場合にあっては,前項の規定にかかわらず,検査料を別に定めることができる。

第4条 検査は,医学部にあっては器官病態修復医学講座又は生体防御腫瘍医学講座において,歯学部にあっては基礎口腔科学講座において,病院にあっては病理部において行うものとする。

2 医学部及び歯学部が受託する検査に係る申込書の受付,検査料の収納その他検査に関する事務は,蔵本事務部会計課において処理するものとする。

3 病院が受託する検査に係る申込書の受付その他検査に関する事務は,病理部において,検査料の収納に関する事務は,病院経理調達課又は病院医事課において処理するものとする。

第5条 検査を担当した者は,別に定める病理組織診断書によりその結果を依頼者に通知するものとする。

第6条 検査を終了した材料は,返還しない。

附 則

この規則は,昭和45年12月21日から施行する。

附 則(昭和46年5月24日規則第379号改正)

この規則は,昭和46年6月1日から施行する。

附 則(昭和49年7月1日規則第470号改正)

この規則は,昭和49年7月1日から施行する。

附 則(昭和49年9月30日規則第472号改正)

この規則は,昭和49年10月1日から施行する。

附 則(昭和52年6月1日規則第561号改正)

この規則は,昭和52年6月1日から施行する。

附 則(昭和53年3月31日規則第579号改正)

この規則は,昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和56年3月10日規則第680号改正)

この規則は,昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和56年6月1日規則第701号改正)

この規則は,昭和56年6月1日から施行する。

附 則(平成元年3月31日規則第938号改正)

この規則は,平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成6年4月1日規則第1141号改正)

この規則は,平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成9年4月1日規則第1277号改正)

この規則は,平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成11年3月15日規則第1393号改正)

この規則は,平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成12年12月28日規則第1588号改正)

この規則は,平成13年1月1日から施行する。

附 則(平成16年10月1日規則第103号改正)

この規則は,平成16年10月1日から施行する。

附 則(平成19年6月22日規則第11号改正)

この規則は,平成19年7月1日から施行する。

附 則(平成26年2月20日規則第69号改正)

この規則は,平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月27日規則第77号改正)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月15日規則第69号改正)

この規則は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日規則第80号改正)

この規則は,平成29年4月1日から施行する。

徳島大学病理組織検査規則

昭和45年12月21日 規則第370号

(平成29年4月1日施行)