○国立大学法人徳島大学金銭過不足取扱要領

平成16年12月1日

学長裁定

(目的)

第1条 この要領は,国立大学法人徳島大学(以下「本法人」という。)における金銭出納事務において金銭の過不足が生じた場合の取り扱いについて定めるものとする。

(出納責任者への報告)

第2条 出納担当者は,金銭の出納において過不足が生じた場合には,速やかに出納責任者に報告し,原因の究明に努めなければならない。

(経理責任者への報告)

第3条 出納責任者は,前条の過不足の生じた原因を究明し,当日中に是正できないことが明らかになった場合には,金銭過不足報告書(別紙様式1)により,速やかに経理責任者に報告しなければならない。

2 出納責任者は,前項により経理責任者に報告した場合には,一時的に本法人の過不足金として措置するものとする。

(調査及び過不足の措置)

第4条 経理責任者は,過不足金の生じた原因が出納責任者又は出納担当者の職務上の義務違反によるものであるかどうかについて調査しなければならない。

2 前項職務上の義務違反とは次の各号の一に該当する場合とする。

(1) 出納責任者として職務上求められる善良な管理者としての注意義務を怠ること。

(2) 出納担当者として職務上求められる善良な管理者としての注意義務を怠ること。

3 経理責任者は,過不足の生じた原因が前項によるものと認められる場合あるいは故意又は重大な過失の恐れがあると認められる場合には,速やかに金銭過不足経過報告書(別紙様式2)を作成し,学長に報告しなければならない。

4 経理責任者は,過不足の生じた原因が第2項に該当しないものと認めた場合には,前条第2項の過不足金を本法人の過不足金として措置するものとする。

附 則

この要領は,平成16年12月1日から実施する。

附 則(平成22年4月1日改正)

この要領は,平成22年4月1日から実施する。

附 則(平成24年4月1日改正)

この要領は,平成24年4月1日から実施する。

画像

画像

国立大学法人徳島大学金銭過不足取扱要領

平成16年12月1日 学長裁定

(平成24年4月1日施行)

体系情報
事務提要/第4章 務/第3節
沿革情報
平成16年12月1日 学長裁定
平成22年4月1日 種別なし
平成24年4月1日 種別なし