○国立大学法人徳島大学職員の業務上災害等に対する法定外補償規則

平成16年4月1日

規則第72号制定

(目的)

第1条 この規定は,国立大学法人徳島大学(以下「大学」という。)に勤務する職員及び有期雇用職員(以下「職員」という。)が業務上の災害及び通勤途上の災害を被った場合に,労働基準法(昭和22年法律第49号)による補償及び労働者災害補償保険法(昭和22年法律第50号。以下「労災保険法」という。)による補償又は保険給付のほかに大学が行なう補償(以下「法定外補償」という。)に関し,必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において業務上の災害及び通勤途上の災害(以下「業務上災害等」という。)の定義は,次の各号のとおりとする。

(1) 業務上の災害とは,職員が業務上負傷し,若しくは疾病にかかり,又は死亡したことにより,労災保険法に規定する業務災害の認定を受けたものをいう。

(2) 通勤途上の災害とは,職員が通勤途上において負傷し,若しくは疾病にかかり,又は死亡したことにより,労災保険法に規定する通勤災害の認定を受けたものをいう。

(法定外補償)

第3条 法定外補償の種類は,次の各号に定めるとおりとする。

(1) 業務上災害等により障害(労災保険法第15条及び同法第22条の3に規定する障害給付の対象となる障害をいう。)を有することとなった職員に対する障害特別援護金

(2) 業務上災害等により死亡した職員の遺族に対する遺族特別援護金

2 前項に定める法定外補償の給付額は,別表に定めるとおりとする。

3 前2項の法定外補償は,大学が加入する損害保険により給付を行なうものとする。

(補償を受ける権利)

第4条 第3条第1項第1号の補償は,職員に,同条同項第2号の補償は,職員の遺族に対して行なう。

2 前項の遺族の範囲及び補償を受ける順位は,労災保険法の規定を準用する。

3 補償を受ける権利は,職員の退職によって失われることはない。

4 補償を受ける権利は,第三者に譲渡することはできない。

(解釈上の疑義の取扱い)

第5条 業務上外の認定等に疑義を生じたときは,労基法及び労災保険法の規定及びその運用解釈に準拠する。

附 則

この規則は,平成16年4月1日から施行する。

別表

 

業務上災害(万円)

通勤災害(万円)

死亡

1,860

1,200

後遺障害1級

1,460

910

後遺障害2級

1,405

865

後遺障害3級

1,355

820

後遺障害4級

825

510

後遺障害5級

700

435

後遺障害6級

575

360

後遺障害7級

450

285

後遺障害8級

295

185

後遺障害9級

230

145

後遺障害10級

180

110

後遺障害11級

135

85

後遺障害12級

95

60

後遺障害13級

65

40

後遺障害14級

40

25

国立大学法人徳島大学職員の業務上災害等に対する法定外補償規則

平成16年4月1日 規則第72号

(平成16年4月1日施行)

体系情報
事務提要/第3章 事/第2節 休業,給与,厚生
沿革情報
平成16年4月1日 規則第72号