○国立大学法人徳島大学教員のサバティカル活動に関する規則

平成18年6月16日

規則第10号制定

(趣旨)

第1条 この規則は,国立大学法人徳島大学(以下「本学」という。)の専任教員(以下「教員」という。)の教育,研究能力を向上させるため,授業,研究,診療及び管理運営等に関する業務を一定期間免除することにより,教員が自由に研究に従事し,研究者としての視野を広げるとともに創造性を高め,もって本学における教育研究の活性化に資する活動(以下「サバティカル活動」という。)に関し,必要な事項を定める。

(資格)

第2条 サバティカル活動の申請を行うことができる教員は,サバティカル活動申請書(別紙様式第1号。以下「申請書」という。)提出時に本学の教員として7年以上の勤務歴があり,かつ,60歳未満の者(サバティカル活動終了後6年未満の者を除く。)とする。

(期間等)

第3条 サバティカル活動に従事する期間は,3か月以上6か月未満とし,当該年度を超えないものとする。

2 前項の期間は,延長を認めない。

3 サバティカル活動の従事先は,原則として海外の大学及び研究機関等とする。

(活動の形態)

第4条 サバティカル活動は,出張又は研修として取り扱う。

(手続)

第5条 サバティカル活動の申請を行う教員(以下「申請者」という。)は,申請書を,部局長を通じて,学長に提出しなければならない。

2 申請書の提出期間は,毎年9月1日から9月30日までの間とし,翌年度の活動分について申請を行うものとする。

(選考)

第6条 学長は,前条の申請があったときは,サバティカル活動に従事させる教員若干名を選考するため,選考委員会を設置する。

2 選考委員会は,学長が指名する副学長をもって組織する。

3 選考委員会は,申請のあった計画内容,申請者の業績等を審査し,サバティカル活動候補者を選考の上,学長に報告するものとする。

4 選考委員会は,前項の審査に当たり必要と認めるときは,申請者に対し,サバティカル活動の概要等について資料の提出を求め,又は説明を求めることができる。

5 学長は,第3項の報告に基づき,サバティカル活動に従事させる教員を選考するとともに,前条第1項の部局長及び申請者に選考結果を通知するものとする。

(支援経費)

第7条 学長は,サバティカル活動に従事する教員に,活動支援経費を措置するものとする。

(報告書の提出)

第8条 サバティカル活動に従事した教員は,帰任後30日以内に,部局長を通じて学長にサバティカル活動報告書(別紙様式第2号)を提出しなければならない。

(措置)

第9条 サバティカル活動期間中の当該教員担当の業務は,原則として当該部局で処理する。

(雑則)

第10条 この規則に定めるもののほか,サバティカル活動について必要な事項は,別に定める。

附 則

この規則は,平成18年6月16日から施行する。

附 則(平成22年4月1日規則第1号改正)

この規則は,平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年4月1日規則第1号改正)

この規則は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月18日規則第87号改正)

この規則は,平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月15日規則第69号改正)

この規則は,平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

国立大学法人徳島大学教員のサバティカル活動に関する規則

平成18年6月16日 規則第10号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
法  人/第5章 就業規則/第6節 教員の特例
沿革情報
平成18年6月16日 規則第10号
平成22年4月1日 規則第1号
平成24年4月1日 規則第1号
平成26年3月18日 規則第87号
平成28年3月15日 規則第69号