2007年 見学会報告

 

徳島支部では、平成19年10月6日(土)に見学会を開催いたしました。久しぶりの県外でしたが、皆様のご協力により無事、予定通り終えることができました。

以下にこの概要をご報告します。

 

  • 参加者: 54名
  • 見学先: 「香川県直島環境センター」および「地中美術館」
  • 日 程: 8:00徳島駅前出発(フェリー船内にて昼食)11:05直島着
    14:20直島発(津田の松原SAにて休憩)17:20徳島駅前帰着

 

バス2台に分乗し、高松自動車道、高松港、四国汽船フェリーを経由して瀬戸内海に浮かぶ直島まで往復した。

今回の見学先は、地理的、事前申込み、料金、移動などの点から一人では訪れにくい所であり、また、産廃環境問題と前衛造形美術という対照的なテーマについて、短時間であったが考えさせられることが多かった。

混雑もなく天候にも恵まれて、お互いに親睦を深め、有意義な一日であった。

☆ 同行の福山吉宣氏(機37)が徳島新聞「読者の手紙」に当日の感想を投稿されたので、両者のご承諾をいただき紹介いたします。

徳島新聞朝刊 平成19年10月18日

環境問題の根深さを再確認

徳島市 福山吉宣 69歳 自由業

 

香川県の直島環境センターを見学した。豊島に不法投棄されたダストや汚泥、汚染土壌などの産業廃棄物を直島に移送し、溶融処理する国内最大規模の設備だ。

最初に豊島問題の経緯と設備概要の説明を受けた。それによると廃棄物総量六十万トン、処理能力は年間六万トンで、十年間で全廃棄物の処理が完了する見込み。設備投資総額二百億円、ランニングコストが年三十億円、十年で三百億円。全廃棄物を処理するのに最低五百億円になる。

すごい金額に驚きながら、廃棄物のハンドリング、選別、溶融、副製品の回収工程などの設備に注目し、興味深く見学した。

ところが、帰りのバスの中で参加者から次のような感想が述べられた。

1.廃棄物処理のイメージと異なり、工場がきれい 2.設備費が高すぎる。もっと安く処理する方法がありそうだ 3.年間六万トンの処理が計画通り進んでいないと聞いた。さらに費用がかかるかもしれない 4.数人の心得違いの人がいて、県も囲も多大な損失を被っている。許せないことだ 5.どうしてもっと早い段階で不法投棄をやめられなかったのか。行政の怠慢ではないか。などなど。

環境センターを設備中心に見てしまった自分を反省しながら、環境問題の根深さを再認識させられる一日となった。

 

香川県 津田の松原SAにて撮影

 


大きな画像をご覧になりたい方は、こちら(容量:333 KB)をクリックしてください。