医科学教育部

大学院医科学教育部は,医学科の全講座と疾患酵素学研究センターおよび疾患ゲノム研究センターで構成される医学博士課程(4年)と医学修士課程(2年)大学院を有しています。医科学教育部は2つの系(医学,プロテオミクス)に分かれていますが,研究に講座の垣根はなく,全ての講座・部門間はもとより内外の大学間に活発な大学院生の交流があります。一方大学院の役目は帆独創的な研究を行い,かつ,人の研究も指導できる自立した研究者”の育成ですので,院生の生活は必然的に研究一途の.世界相手に研究競争を行うプロの研究者”としての毎日になるでしょう。そのための指導者陣もますます充実し,研究施設や図書館も完備されております。近年は,世界各地からの留学生も多く増加の一途であり,優れた研究業績が次々と発表され,内外で活躍する医学者が育っております。

詳しくはこちら