共用促進事業

プロテオミクスファシリティの利用

 

プロテオミクスファシリティの利用は独自の研究利用以外に2種類の利用方法があります。

 

(1)全国共同利用・共同研究拠点としての徳島大学疾患酵素学研究センターにおける共同研究・共同利用
(2)文部科学省先端研究施設共用促進事業の補助を受けた共用利用。

 

(1)においては、大学・研究機関のアカデミックの研究者を主な対象にし、共同研究の枠内で受託サンプルをセンターの教職員が解析する形態をとり、年に一度、疾患酵素学研究センターの共同研究として公募を行います。詳しくは徳島大学疾患酵素学研究センターのホームページをご覧下さい。

徳島大学疾患酵素学研究センターHP: http://www.tokushima-u.ac.jp/ier/

 

(2)においては、文部科学省「先端研究施設共用促進事業」の補助を受け、産学連携の立場から民間を主体にした幅広い研究者を対象に、プロテオミクス・メタボロミクス解析技術の習得から、大規模なプロテオーム解析、超高分解能フーリエ変換型質量分析装置を用いたタンパク質の丸ごと解析・翻訳後修飾など高度な利用に至るまで、専門スタッフの協力の下に、ユーザーが自ら装置を利用する形態を取っています。文部科学省の補助により、専任のリエゾン、及び技術指導研究員をおくことで、様々なニーズの相談から詳細な技術指導、ノウハウの伝授までを行います。利用する装置により単位時間ごと(1時間、1日が利用単位)に利用料をお支払い頂きますが、民間ユーザーの場合には2週間を単位に2単位までの無償のトライアルユース制度があります。こちらの利用形態においては年数回の公募の他、随時利用相談を受け付けています。また、得られた成果は公開して頂きますが、成果非占有利用も認められています。

公募要項(118KB)

利用申込書(41KB)

利用要領・利用料一覧(157KB)