概要

ヒトゲノム計画を発端にしたゲノム解析の進展を受けて、21世紀の生命科学のパラダイムは、遺伝子、転写産物、タンパク質、代謝産物、細胞など様々なレベルでの網羅的解析(いわゆるオーム学=オミックス)へとシフトしています。その中で、タンパク質・代謝産物の網羅的解析(プロテオミクス・メタボロミクス)において、中心的な役割を果たしているのが、質量分析です。

 

徳島大学プロテオミクスファシリティは、高性能質量分析装置を中核にしたプロテオミクス・メタボロミクスのための施設です。(1)超高分解能フーリエ変換型質量分析装置を中心に、9台の様々な測定原理を持つ高性能質量分析装置、(2)大規模なプロテオーム解析を可能とする、電気泳動装置から蛍光イメージャー、ゲルピッキングロボット、タンパク質分解ロボットなどのサンプル処理装置群、(3)質量分析により得られたデータを処理するための、スパコンレベルのデータベース検索サーバー、データ処理のためのLIMSサーバーなどの情報処理設備よりなる、世界有数規模の施設です。

 

プロテオミクスファシリティの利用は主に3種類の形態を取っています。(1)疾患酵素学研究センターを中心とした研究グループの独自利用、(2)全国共同利用・共同研究拠点としての徳島大学疾患酵素学研究センターにおける共同研究・共同利用、(3)文部科学省先端研究施設共用促進事業の補助を受けた共用利用。(2)においては、大学・研究機関のアカデミックの研究者を主な対象にし、共同研究の枠内で受託サンプルをセンターの教職員が解析する形態をとるのに対し、(3)においては産学連携の立場から民間を主体に幅広い研究者を対象に、プロテオミクス・メタボロミクス解析技術の習得から、大規模なプロテオーム解析、超高分解能フーリエ変換型質量分析装置を用いたタンパク質の丸ごと解析・翻訳後修飾など高度な利用に至るまで、専門スタッフの協力の下に、ユーザーが自ら装置を利用する形態を取っています。

 

After the completion of the human genome project, the paradigm of modern life sciences is sifting to the global analyses such as genomics, proteomics and metabolomics. Mass spectrometry plays a central role in the proteomic and metabolomic analyses.

The Proteomics Facility of the University of Tokushima specialized in the proteomic and metabolomic researches is well equipped with various instruments centered around high-resolution mass spectrometers. We have altogether nine mass specs including a high-resolution FT-MS. Other instruments include various robotics for sample preparation for proteomics, and data management systems for searching and identifying protein databases.

Our facility serves three types of users. One is the users in the University of Tokushima, who are conducting their own research. The Institute for Enzyme Research of the University of Tokushima is now serving as a core research institute for the whole scientific community in Japan, and the scientists who are conducting joint research with the Institute use our facility on a cooperative research basis. The facility is also open to wider scientific communities including those from the industry. The third group of users is now supported by a special grant from the Ministry for Education, Science, Sports, and Culture in Japan. They are invited to use the facility on their own with the supports from our staff members who are capable of using the high-tech instruments.