大学院社会産業理工学研究部社会総合科学域長あいさつ

徳島大学大学院社会産業理工学研究部社会総合科学域長

栗栖 聡

 

 大学院社会産業理工学研究部は,人文社会科学,生物資源産業学,理工学といった文理を超えた諸科学を基盤とし,学際的・総合的な教育研究活動を通じて,21世紀の社会や産業,技術の持続可能な発展に寄与することを目的として,2017(平成29)年度に新たに設置されました。大学院社会産業理工学研究部は,社会総合科学域,生物資源産業学域,理工学域の3学域で構成され,社会総合科学域に所属する教員は主として総合科学部および大学院総合科学教育部において教育研究活動に携わっています。  社会総合科学域は,国際教養系,人間科学系,公共政策系,地域情報系という4つの系(大講座)からなり,それぞれ国際教養コース,心身健康コース,公共政策コース,地域創生コースの教育を担うとともに,グローバル化,健康社会づくり,行財政改革,地域活性化などの課題解決に取り組んでいます。