カリキュラムポリシー

人間文化学科

 人間文化学科では,豊かな人間力を基盤として,広い視野と,人間と文化に関する深い専門性を兼ね備えた人材を養成することをめざし,以下のようなカリキュラムを編成している。

  1. 1,2年次における初年次教育の柱として「全学共通教育科目」を受講,大学での学びに主体的に取り組む態度を身につけさせた上で,幅広い教養教育を通じて豊かな人間性と高い倫理観を修得させる。また,さまざまな体験を通じて人間性・社会性を高めさせるとともに,情報処理や外国語運用の基礎力を養成し,持続可能な社会づくりの担い手たる資質としての進取の気風を身につけさせる。
  2. 1,2年次を中心に配置された「学部共通科目」により,総合科学的なものの見方を身につけさせるとともに,専門的学びに必要な情報処理・外国語運用力など汎用的技能のスキルアップと国際感覚の向上,人間力・コミュニケーション力・論理的思考力,問題発見・解決能力の向上をめざす。さらに,「キャリア教育科目」を受講させ,卒業後の社会的・職業的自立に向けての基盤を段階的に整える。
  3. 1年次を中心に「学科共通科目」を受講,将来専門分野に進んだ際に必要な基礎学力を修得させる。
  4. 2年次から各自の関心に応じて,「国際文化」「心理・健康」のいずれかのコースに所属させる。2年次から3,4年次にかけて「コース専門科目」を体系的に履修させ,人間と文化に関する専門知識・能力を高めさせていく。講義科目を通して知識を深めさせるとともに,実習・演習などの主体的な学びを通じて,問題発見・解決能力,情報発信能力を向上させる。また「自由選択科目」で,各自の関心に応じて知識の幅を広げさせる。
  5. 3年次を中心に「総合科学テーマ科目」を受講,諸科学を統合し,現代社会の諸問題を柔軟に分析する手法を理解させる。
  6. 4年次に「卒業研究」に着手,これまでに学んだ専門性・総合性の両方の視点を生かしながら,研究成果として結実させる。

 

カリキュラムマップ1

カリキュラムマップ1(312KB)

 

社会創生学科

社会創生学科では,豊かな人間力を基盤として,広い視野と,地域づくり・環境づくりに関する深い専門性を兼ね備えた人材を養成することをめざし,以下のようなカリキュラムを編成している。

  1. 1,2年次における初年次教育の柱として「全学共通教育科目」を受講,大学での学びに主体的に取り組む態度を身につけさせた上で,幅広い教養教育を通じて豊かな人間性と高い倫理観を修得させる。また,さまざまな体験を通じて人間性・社会性を高めさせるとともに,情報処理や外国語運用の基礎力を養成し,持続可能な社会づくりの担い手たる資質としての進取の気風を身につけさせる。
  2. 1,2年次を中心に配置された「学部共通科目」により,総合科学的なものの見方を身につけさせるとともに,専門的学びに必要な情報処理・外国語運用力など汎用的技能のスキルアップと国際感覚の向上,人間力・コミュニケーション力・論理的思考力,問題発見・解決能力の向上をめざす。さらに,「キャリア教育科目」を受講させ,卒業後の社会的・職業的自立に向けての基盤を段階的に整える。
  3. 1年次を中心に「学科共通科目」を受講,将来専門分野に進んだ際に必要な基礎学力を修得させる。
  4. 2年次から各自の関心に応じて,「公共政策」「地域創生」「環境共生」のいずれかのコースに所属させる。2年次から3,4年次にかけて「コース専門科目」を体系的に履修させ,地域づくり・環境づくりに関する専門知識・能力を高めさせていく。講義科目を通して知識を深めさせるとともに,実習・実験・演習などの主体的な学びを通じて,問題発見・解決能力,情報発信能力を向上させる。また「自由選択科目」で,各自の関心に応じて知識の幅を広げさせる。
  5. 3年次を中心に「総合科学テーマ科目」を受講,諸科学を統合し,現代社会の諸問題を柔軟に分析する手法を理解させる。
  6. 4年次に「卒業研究」に着手,これまでに学んだ専門性・総合性の両方の視点を生かしながら,研究成果として結実させる。

 

カリキュラムマップ2

カリキュラムマップ2(313KB)

 

総合理数学科

 総合理数学科では,豊かな人間力を基盤として,広い視野と,自然科学に関する深い専門性を兼ね備えた人材を養成することをめざし,以下のようなカリキュラムを編成している。

  1. 1,2年次における初年次教育の柱として「全学共通教育科目」を受講,大学での学びに主体的に取り組む態度を身につけさせた上で,幅広い教養教育を通じて豊かな人間性と高い倫理観を修得させる。また,さまざまな体験を通じて人間性・社会性を高めさせるとともに,情報処理や外国語運用の基礎力を養成し,持続可能な社会づくりの担い手たる資質としての進取の気風を身につけさせる。
  2. 1,2年次を中心に配置された「学部共通科目」により,総合科学的なものの見方を身につけさせるとともに,専門的学びに必要な情報処理・外国語運用力など汎用的技能のスキルアップと国際感覚の向上,人間力・コミュニケーション力・論理的思考力,問題発見・解決能力の向上をめざす。さらに,「キャリア教育科目」を受講させ,卒業後の社会的・職業的自立に向けての基盤を段階的に整える。
  3. 1年次を中心に「学科共通科目」を受講,将来専門分野に進んだ際に必要な基礎学力を修得させる。
  4. 2年次から各自の関心に応じて,「数理科学」「物質総合」のいずれかのコースに所属させる。2年次から3,4年次にかけて「コース専門科目」を体系的に履修させ,数理科学(数学,情報科学)・物質科学(物理学,化学,地球科学)に関する専門知識・能力を高めさせていく。講義科目を通して知識を深めさせるとともに,実験・演習などの主体的な学びを通じて,問題発見・解決能力,情報発信能力を向上させる。また「自由選択科目」で,各自の関心に応じて知識の幅を広げさせる。
  5. 3年次を中心に「総合科学テーマ科目」を受講,諸科学を統合し,現代社会の諸問題を柔軟に分析する手法を理解させる。
  6. 4年次に「卒業研究」に着手,これまでに学んだ専門性・総合性の両方の視点を生かしながら,研究成果として結実させる。

 

カリキュラムマップ3 

カリキュラムマップ3(312KB)