アドミッションポリシー カリキュラムポリシー ディプロマポリシー




総合科学部案内はこちら

人間文化学科の紹介

国際文化コース  コース紹介  教員紹介  カリキュラムマップ

地球上の様々な地域に固有の、あるいは地域横断的な諸問題に関心をもち、それらの問題に対する理解力、調査能力、さらに語学力、情報発信能力をもち、諸問題に対して様々な立場から対処できる人材の養成を目標とする。

  1. とぎすまされた国際感覚を備え、日本語を言語学の視点から客観的に理解した上で、欧米の言語に強い関心をもち、その言語を教育や実務の面で運用できる人材
  2. 日本の歴史や文化に関する知識を基盤に、欧米の歴史・文化・思想を深く理解し、多様な異文化を先入見なく受け入れ、文化交流に努めることができる人材
  3. すぐれた国際感覚を持ち、中国をはじめとするアジア地域の文化に関する幅広い知識や言語能力を活かして、日本とアジアを繋ぐことのできる人材
  4. 異文化理解、異文化接触に関する知識や言語学的素養を深め、国際的に日本語や日本文化の普及に努めることができる人材

心理・健康コース  コース紹介  教員紹介  カリキュラムマップ

心と身体、それを取り巻く生活・文化・社会環境の諸問題、とりわけ健康増進に関する知識や技術を獲得し、それらの問題を、調査・実験を通じて解明する能力、評価・介入を通じて解決する能力を持つ人材の養成を目標とする。

  1. 人間の心の仕組みについて心理学的に理解し、心理現象一般および心と関連する健康について研究および評価・相談できる人材
  2. 人間の身体の仕組みと働きについて生理学や解剖学を中心に理解し、健康に関わる身体の諸問題について分析、評価することができる人材
  3. 人間の健康行動を生活環境・文化環境・社会環境との関係性から捉え、地域における健康的な暮らしや「まちづくり」を企画・経営・評価できる人材

社会創生学科の紹介

公共政策コース  コース紹介  教員紹介  カリキュラムマップ

社会科学のうち、法律学、政治学、経済学、および経営学の基礎能力を習得し、社会が抱える様々な問題に対して公共政策的解決策を提示することによって、「まちづくり・地域づくり」に貢献できる人材を養成する。

  1. 国、地方自治体において、まちづくり・地域づくりで活躍できる人材
  2. シンクタンク、NPO/NGO等で政策策定などで活躍できる人材
  3. 企業、行政または社会が直面する様々な問題に対して複眼的な視野で分析・検討を行い、政策提言できる人材

地域創生コース  コース紹介  教員紹介  カリキュラムマップ

グローバリゼーションが進行するなか、産業空洞化や経済的不均衡の拡大、少子高齢化やコミュニティの変質、IT社会の問題など、現代の地域社会は多くの問題に直面している。これらの問題の改善や解決に向け、的確な判断と柔軟な発想に基づき、情報を含めた文理融合型「まちづくり・地域づくり」政策を、積極的に推進できる人材を養成する。

  1. 統計データの活用と分析、GIS(地理情報システム)を用いた空間解析など、高度な社会情報処理能力を有する人材
  2. 地域社会の現場におけるフィールドワークを重視し、調査の企画・設計から、インタビューやアンケートの実施、報告書の作成、プレゼンテーションに至るトータルなプロセスをこなせる人材
  3. 情報処理のための数学的・言語学的アプローチを身につけ、地域づくりに活用できる人材
  4. コンテンツクリエーターとして論理的な思考能力とともに、芸術的表現能力を有する人材

環境共生コース  コース紹介  教員紹介  カリキュラムマップ

地域環境の諸現象や諸課題は、非常に多様な問題が絡みあっており、それらを理解し解決するためには、一分野における深い専門的な知識や技術のみならず、それと共に幅広い知識とそれらの応用力・調整力が不可欠である。環境問題を理系と文系の両面から理解して、解決に寄与することを目指す教育・研究に努め、環境に関する豊かな知識、高い技術、正確な分析力、正しい倫理観を持った専門職業人を養成し、社会において環境保全活動や環境教育活動に参画し、自然環境と共生した持続的可能な社会の創生に寄与できる人材を養成する。

  1. 人間環境、社会環境、自然環境に幅広く興味を持ち、常に身の回りや地球規模での様々な問題に対して関心を寄せ、分析的に考えることのできる能力を有する人材
  2. 倫理学、社会学、政治・経済学、自然科学などに関する正しい基礎的知識を有し、環境問題に対してそれらを応用して解決に結びつける能力を有する人材
  3. 幅広い自然科学の基礎知識を有し、専門性として環境科学、生命科学、生物資源に関する知識と技術力・応用力を身につけ、種々の環境問題の解決や環境保全活動や地域の生物資源開発・利用を担う能力を有する人材

総合理数学科の紹介

数理科学コース  コース紹介  教員紹介  カリキュラムマップ

現代社会はコンピュータ技術や情報ネットワークの飛躍的な進歩により高度に情報化され、個々の専門分野の知識だけでは解決することが困難な大規模で複雑に入り組んだ問題がいたるところに存在する。このような問題を解決するために、一見異なる様々な問題に共通する数理的な構造を見出し、有効な数理的手法を応用・開発する能力をもった人材を養成する。

  1. 数学の専門的知識、物事の本質を見出し問題解決に必要な数理的手法を自ら作り出す能力、論理的思考に基づく解析能力を有する人材
  2. 問題解決のために、コンピュータなどを用いて実践的に地域づくりなどで活躍できる人材

物質総合コース  コース紹介  教員紹介  カリキュラムマップ

物理学・化学・地球科学など多岐にわたる自然科学の成果を正しく継承し、その発展を図る教育の重要性は言うまでもない。ただし、これらの専門分野は個別的なものではなく、互いに密接な関連を持っている。従って、特定の分野に偏ることなく、幅広く自然科学の基礎を身につけ、自然科学に関係する様々な場で活躍できる幅広い基礎的素養を身に付けた人材を養成する。

  1. 物質科学を深く理解し、真理への探求心に満ち溢れた人材
  2. さまざまな科学技術分野における種々の問題に対して柔軟に対応できる人材
  3. 広い視野を有し、基礎的な理系諸分野はもちろん、応用的な分野にも進出可能な人材