博士前期課程(修士)臨床心理学専攻

臨床心理学専攻の特徴

博士前期課程臨床心理学専攻(以下,本臨床心理学専攻)は,現代社会で急増しているさまざまな心の問題に対して,臨床心理学の立場から高い専門性で「こころのケア」が出来る高度専門職業人(臨床心理士)の養成を目指している.

本臨床心理学専攻は,地域科学専攻と相互に補完する関係を持つことに特徴が有る.これは,心理的問題の多くが,地域社会における問題として捉えることが出来ることを考えると,大変に有意義である.例えば,少子化に伴う子育て支援,教育現場におけるいじめ問題,社会的ひきこもり,若年者の社会参加(復帰),働き盛りの人の心身の健康増進,高齢化や過疎化に伴う高齢者の地域からの孤立など,地域におけるさまざまな生活上の問題は,同時に,臨床心理学的問題でもある.

こうした問題に対しては,社会学,経済学,法律学などの観点から分析し,社会的システムを構築していくアプローチと,個人あるいは集団に対して直接,心理学的支援に当たるアプローチの2つが連携しながら解決に向けた努力を進めていく必要が有る.本臨床心理学専攻は,後者の役割を担える人材を養成するが,その際,地域の諸課題を解決するため,地域科学的視点から,前者についての理解も不可欠となる.逆に,心理学的支援を通して初めて見えてくる知見を,社会システム作りに活用することも考えられる.

 

臨床1臨床2

 

臨床心理学専攻の科目の特徴

本臨床心理学専攻と地域科学専攻の連携について,カリキュラムの面で具体的に述べると,1.教育部共通科目の「地域科学I」を両専攻共通の必修科 目として位置づけたこと,2.教育部共通科目の「行動科学」を本臨床心理学専攻の担当教員だけでなく,地域科学専攻における,隣接領域の教員が担当して, オムニバス方式で開設したこと,地域科学専攻の「プロジェクト研究I」に本臨床心理学専攻の担当教員が参画し,双方の特徴を生かした授業を行うことが挙げ られる.

また,本臨床心理学専攻には,心理学および臨床心理学分野で優れた業績を有する教員6名が配置されている.これにより,特論,特論演習,演習,実習,臨床心理学特別演習(修士論文作成指導)の高い質が保証される.

 

臨床心理学専攻で養成する人材

医療機関,児童・障害者・高齢者福祉施設,企業・会社といった産業場面などにおける心理的問題の査定,カウンセリング,地域援助の能力が養成される.ま た,学校や地域における青少年の心の悩み,少年非行などに関するコンサルティングやカウンセリングの能力の養成も目指されている.さらに,臨床心理学的問 題の解明・解決に資する研究能力の養成も目指されている.

 

臨床心理学専攻修了後の進路

病院など医療機関,児童相談所など児童福祉施設,学校等における相談室,障害者施設,特別養護老人ホームなど高齢者福祉施設,非行・矯正施設(少年鑑別所,少年サポートセンターなど),企業・会社などの産業施設,博士後期課程への進学など.

 

臨床心理学専攻において取得可能な資格

本臨床心理学専攻は(財)日本臨床心理士資格認定協会から,臨床心理士の資格試験に関する受験資格を有する大学院(一種)として指定されており,修了者は,臨床心理士資格試験の受験資格を有する.