教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 総合科学部社会総合科学科では,専門分野の基礎的・専門的知識やスキルの修得と,広く社会から求められる汎用性の高い総合性の獲得に重きを置くという,二つの支柱からなるカリキュラムを編成している。後者の総合性については,これをテーマとする授業科目をコース横断的な「実践学習科目」に集約し,コース専門科目との連携を深めることで,社会が求める実践的な人材の養成をめざしている。

 

1.1年次を中心に初年次教育の柱として「教養教育科目」を履修させ,大学での学びに主体的に取り組む態度を身につけさせるとともに,幅広い教養教育を通じて豊かな人間性と高い倫理観を修得させる。また,自然科学・イノベーション科目などの科学的思考性・文理融合を重視した科目も履修させる。

2.1年次を中心に配置された「学部共通科目」により,専門的学びに必要な基礎的知識や情報処理・外国語運用力など汎用的技能を修得させるとともに,論理的思考力,課題発見・解決能力の向上を目指す。

3.2年次を中心に配置された「実践学習科目」により,グローバル化する現代社会の諸問題や地域課題への取組を通じて人間性・社会性を高めさせるとともに,自ら課題を発見し,解決する能力を身につけさせる。 また,「総合科学実践プロジェクト」やキャリア教育科目を通じて,社会づくりの担い手となるための進取の態度を身につけさせる。

4.2年次には,各自の問題関心に応じて「国際教養」,「心身健康」,「公共政策」,「地域創生」のいずれかのコースに所属させ,「コース入門科目」により各コースの研究目的・方法や基礎的知識を学ばせる。

5.2年次以降,専門分野の「コース基礎科目」と「コース応用科目」を体系的に履修させる。「コース基礎科目」は,専門領域を学ぶにあたっての基礎的知識・スキルの修得を目的とし,「コース応用科目」は個々の課題・テーマに関わる講義科目・実習科目・演習科目から構成される。

6.各自の関心に応じて多様な知識の幅を広げさせるため,「コース自由選択科目」や「他コース選択科目」により総合性を身につけさせる。

7.4年次に「卒業研究」に着手させ,これまでに学んだ専門性・総合性の両方の視点を生かしながら,研究成果として結実させる。

8.グローバル化教育の一貫として,「総合科学実践プロジェクトJ」(海外体験プロジェクト)を展開する。

 

国際教養コース

 国際教養コースでは,以下のようなカリキュラムを編成している。

 国際教養コースは,異文化および自文化を理解し多面的な思考力を可能にする「教養」,広く世界に情報発信ができ,グローバル化がもたらす地域社会の諸課題に主体的に取り組むための「コミュニケーション能力」,そして,海外留学・海外研修などの社会体験,さらにはキャンパス内外での留学生との交流を通して「異文化対応力」を育成することを目標としている。
 このような教育目標を実現するために,本コースは多様な海外留学プログラム,外国語演習科目,英語による講義科目,日本を含む世界の国や地域の特徴について学ぶ科目,そして国際理解と自文化理解のための授業科目などを段階的に配置している。具体的には,以下のとおりである。

 

1.1年次には,教養教育科目と学部共通科目,実践学習科目の授業を履修させ,基本的な調査・発表能力を養いつつ,さまざまな分野についての基礎的な知識と技能を身につけさせる。

2.こうした基礎的な学力にもとづいて,2年次からは,実践力を養っていく。とりわけ,実践的な外国語教育・体験プログラム(ACEプログラムなど)で語学力とコミュニケーション能力を磨かせていく。教養教育科目,学部共通科目,実践学習科目に加えて,コース入門科目とコース基礎科目,一部のコース応用科目を受講させる。実践学習科目,コース入門科目,コース基礎科目,コース応用科目については,仮選択した5つの「履修パターン」に提示された科目を中心に履修させる。

3.3・4年次には応用力を身に付けさせていく。コース基礎科目,コース応用科目を中心に履修させ,かつ,コース自由選択科目や他コース選択科目については,視野を広げて自分の専門領域外も俯瞰できるように履修させる。さらに短期・長期の留学や国際交流体験を通じて異文化対応能力を培わせつつ,自文化理解と国際理解を深めるために,個々の関心や資質に応じて日本・アジアや欧米,その他の地域の言語や文学,文化,思想,歴史,経済,政治,社会について学ばせる。またそれらの地域を相互に比較して学ばせることもできるようにする。そして,ゼミナールを中心に自ら設定した問題を掘り下げさせ,議論を積み上げながら卒業研究にまとめさせる。

国際教養コースカリキュラムマップ(192KB)

 

心身健康コース

 心身健康コースでは,人間の心と身体の働きに着目して,人間科学の諸領域からQOL(Quality of Life)の向上を追求できる人材の育成が,本コースの使命である。この使命のもと,本コースでは,複雑化していく社会の健康課題を解決するために,自ら考え行動する人材の養成を目指し,以下のようなカリキュラムを編成している。

 

1.1年次を中心に「教養教育科目」と「学部共通科目」「実践学習科目」を履修させ,幅広い教養教育や地域を基盤とした総合科学の基礎・実践教育により自主・自律の学びの態度を身につけさせる。

2.2・3年次では,コース基礎科目の心身の健康に関する基礎講義と実践実習のスパイラル方式の学習サイクルによって,心理学とスポーツ健康科学の文理融合した基礎学力を身につけさせる。またコース入門や実践実習を履修させ,支援技法の修得とともに対人コミュニケーション,ファシリテーション,チームマネジメントといった人間関係形成の実践力を育成する。また,コース応用科目では学生の選択を基本としてより専門的な科目を履修させるとともに,地域連携により実施される学外実践実習を履修したり,教育・法律・産業・地域・外国語などの他コース専門科目を自由選択科目として履修して,多様な知識と経験の幅を広げ,他職種者とも協調・協働できる人間力や教養力を身につけさせる。

3.3・4年次では,コース教員のゼミに配属され,担当教員の専門領域の研究法指導のもとで,学生自ら掘り下げた研究課題について計画・実践し,論文にまとめる研究力を養成する。

4.心身健康学の専門性を活かしたキャリアデザインとして,中学・高校の保健体育教員,認定心理士,健康運動指導士などの資格取得を希望する学生に対しては,コース担当教員の履修指導のもと学生自主ゼミを編成し,専門知識の補習,試験対策などの自学・自習の力を身につけさせる。

心身健康コースカリキュラムマップ(194KB)

 

公共政策コース

 公共政策コースでは, 教養教育科目・学部共通科目並びに法律学,政治学,経済学,および経営学の4分野の学習を広く横断的に進め,ゼミ(公共政策総合演習)において専門性を深めるという講義・演習の最終目標として卒業研究を完成する以下のようなカリキュラムを編成している。

 

1.1年次では,教養教育科目を中心として学習を進めるとともに,情報処理や自然科学分野の科目の受講を促し,いわゆる文系分野の科目以外の科目の取得を通じて広い教養を身につけることを目標にする。さらに,学部共通科目や課題発見ゼミナールなどの実践学習科目を通じて,大学生として論理的に学習できる習慣を身につけ,社会の広範囲な問題に対して関心を抱くように指導する。

2.2年次では引き続いて,上記関連科目を学習するとともに,コース入門科目において公共政策コース4分野のすべての教員がオムニバスで講義することで,公共政策コースの全体像を学生が把握できるようにして,ゼミ(公共政策総合演習)選択を容易にするように指導する。

3.3年次においては,希望したゼミでの深い知識を得るために学習を継続するとともに,ゼミ担当教員以外の分野の学習も同時並行的に進めながら,卒業研究の方向と内容を決定する。また,就職や大学院への進学の準備も考えるように指導する。

4.4年次においては,公共政策コースが目指す専門性と総合性の最終目標である卒業研究の完成に向けて、また就職あるいは大学院進学の実現に向けて指導する。

公共政策コースカリキュラムマップ(146KB)

 

地域創生コース

 地域創生コースでは, 地域文化や地域社会,情報メディア,芸術表現における専門知識を体系的に修得するために,以下のようなカリキュラムを編成している。

 

1.1年次を中心に初年次教育の柱として「教養教育科目」を履修させ,大学での学びに主体的に取り組む態度を身につけさせるとともに,幅広い教養教育を通じて豊かな人間性と高い倫理観を修得させる。また,自然科学・イノベーション科目などの科学的思考性・文理融合を重視した科目も履修させる。

2.1年次を中心に配置された「学部共通科目」により,専門的学びに必要な基礎的知識や情報処理・外国語運用力など汎用的技能を修得させるとともに,論理的思考力,課題発見・解決能力の向上を目指す。

3.2年次を中心に配置された「実践学習科目」により,グローバル化する現代社会の諸問題や地域課題への取組を通じて人間性・社会性を高めさせるとともに,自ら課題を発見し,解決する能力を身につけさせる。 また,「総合科学実践プロジェクト」やキャリア教育科目を通じて,社会づくりの担い手となるための進取の態度を身につけさせる。

4.2年次では,地域文化,地域社会,情報メディア,芸術表現などの分野に関わる基礎知識・技能を学ばせる。

5.3年次以降,地域社会,地域文化,情報メディア,芸術表現いずれかの分野を体系的に履修させる。「コース基礎科目」は,専門領域を学ぶにあたっての基礎的知識・スキルの修得を目的とし,「コース応用科目」は個々の課題・テーマに関わる講義科目・実習科目・演習科目から構成される。

6.各自の関心に応じて多様な知識の幅を広げさせるため,「コース自由選択科目」や「他コース選択科目」により総合性を身につけさせる。

7.4年次に「卒業研究」に着手させ,これまでに学んだ専門性・総合性の両方の視点を生かしながら,研究成果として結実させる。

地域創生コースカリキュラムマップ(146KB)