JR四国主催の旅行企画コンペで、本学学生による旅行企画案が入賞しました

2018年10月5日

 平成30925日に香川大学オリーブスクエア(高松市)で開催された「四国4国立大学とJR四国連携事業、地域観光チャレンジ、第1回成果発表会」において、本学総合科学部学生による旅行企画2件が、銅賞を受賞しました。

 

 

四国の4国立大学(徳島大・香川大・愛媛大・高知大)による全18件の企画のうち、最終審査に残った8件の発表のなかから、本学総合科学部学生による旅行企画2件が銅賞を受賞しました。受賞した2件の発表は「自家製ソーセージの旅 with ソーセージ職人・横山氏」、「世界農業遺産にふれる! にし阿波日帰り鍛冶体験ツアー」です。これらの企画は2019年のJR四国ツアー春商品として、実際に販売される予定です。

 「自家製ソーセージの旅 with ソーセージ職人・横山氏」は、社会問題になっている鳥獣害問題の解決に「食べて参加する」ことをコンセプトに、観光者がガイドとともに祖谷地域の食材を自由にハンティングし、それを混ぜ込んだジビエソーセージを製作するというものです。また、「世界農業遺産にふれる! にし阿波日帰り鍛冶体験ツアー」は、2018年に登録された国連・FAOの世界農業遺産・「にし阿波の傾斜地農耕システム」の中核技術のひとつである野鍛冶やお茶つみの魅力を体験するものです。

 本学は平成29年に締結された「四国4国立大学とJR四国の連携協力に関する協定」に基づき、総合科学部の内藤直樹准教授を中心に、四国の地域活性化に資する地域振興・観光振興・人材育成にむけた支援を行ってきました。今後も四国の活性化に向けた支援を行なっていく予定です。

 

    

  

 

 

西阿波.JPG   

 

「世界農業遺産にふれる! にし阿波日帰り鍛冶体験ツアー」の表彰

 

 

 

ソーセージ.JPG

   

「自家製ソーセージの旅 with ソーセージ職人・横山氏」の表彰

 

 

 

 

全体.JPG

   

 JR四国社長・各大学学長・全参加学生等による記念撮影

 

 

 

 


お問い合わせ先

徳島大学総合科学部

担当:内藤直樹

電話番号:088-656-7141

メールアドレス:naito.naoki@tokushima-u.ac.jp