未来とくしまデザイン「スペシャルトーク&ワークショップ」の開催

2014年5月21日

日本が世界に誇る建築物であり、まちづくりに大貢献したといわれるスカイツリーの設計を担当した株式会社日建設計の塩浦政也氏にトークしていただき、徳島大学生、地域住民が協働して「未来の徳島」をソーシャルデザインするために必要な発想、まちづくりのツボを学びます。

 

なお、このイベントは本学の全学共通教育授業「ソーシャルデザイン」と連携しており、本講演会で学んだことを土台に、受講生を中心に、徳大生と地域のみなさんが協働して「未来のとくしま」をプロトタイプ(試作)する『助任の丘「未来の徳島づくり夏祭り」』を計画中です。

 

※全学共通教育授業「ソーシャルデザイン」の公開

Webサイトhttp://ct.ias.tokushima-u.ac.jp/sd/

 

演題: ソーシャルデザインの象徴「スカイツリーはこうしてデキタ」

講師: 株式会社日建設計 設計部 塩浦 政也 氏

日時: 平成26年5月29日(木)10時25分~11時55分

会場: 徳島大学常三島けやきホール(常三島キャンパス)

参加料: 無料

 

※参加には事前申込が必要です。

 

詳細はこちら(2.58MBytes)

 

また、日程は未定ですが助任の丘「未来の徳島づくり夏祭り」の詳細をお知らせします。

 

助任の丘「未来の徳島づくり夏祭り」(186KBytes)