四国の樹氷・雪中の石炭フライアッシュ ~PM2.5粒子の意味するもの~ の開催

2014年1月7日

呼吸器や循環器における健康リスクが心配されるPM2.5による大気汚染が世間を騒がせています。2013年冬に西日本を中心にPM2.5による越境大気汚染が報道されて、徳島でもPM2.5の濃度が高い日も観測されています。冬期季節風によって運ばれてくる大気汚染物質、とくに硫黄酸化物や窒素酸化物の他に発癌性が懸念される大気汚染物質の発生源であるとされる石炭燃焼による排気に含まれるフライアッシュが四国で検出されました。冬の樹氷や雪中のフライアッシュについての総合科学部の研究活動をもっと知っていただくための企画です。

 

 

2014年1月26日(日)14:00~15:30

会場  徳島市シビックセンター4階活動室3

     徳島市元町1丁目24番地・アミコ内(3・4階)

問い合わせ先  シビックセンター 電話 088-626-0408

           徳島大学総合科学部 電話 088-656-7673

参加費無料 当日受付 40名程度まで

 

 

詳細はこちら(177KBytes)