スポーツ健康増進ラボラトリー 県民講演会を開催

2013年3月25日

 マラソンに参加しようとしている人は、練習量が月間100kmを超えているかと思います。その状況で、下肢の故障には注意を払っていても、下肢の異常を起こしてしまうことはめずらしいことではありません。故障は起こさないにこしたことはありませんが、大事な事は、違和感を感じたときに、その故障の原因を理解して、早く下肢のケアーに入ることです。対応が早ければ数日で良くなることもあります。しかし、対応が悪いと、半年あるいは1年間、走れない状態までなる場合もあります。

 

 今回の講演会では、自分の下肢の状態をよく理解して、練習の過程で起こった下肢の異常に早く対応できるようにと、下肢の構造の知識を基礎に、予防と早めの対策の取り方について、ランナーでもある高原先生に講演をして頂くことになりました。興味のある方のご参加も歓迎致します。

 

 

日 時: 2013年 4月12日(金) 19時~20時30分
場 所: 徳島大学 全学共通教育棟 5号館 201教室
参加費: 無料

 

 

詳細はこちら(116KBytes)