高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム

2011年12月16日

現在の高校の理科教育は、教科書や参考書を用いた学習が中心で、以前のような実験を行う機会が少なくなってきました。しかし実際に実験を行わずに、テキストに書かれている実験を理解することは大変困難です。また自分の手で実験を行うことで初めて理科(科学)の不思議や面白さを感じることもあるでしょう。本プログラムでは、徳島大学総合科学部の生命科学の教員が、大学の実験設備を利用して高校生にさまざまな生物学実験を行う機会を提供いたします。ミクロからマクロ(タンパク質、細胞、発生、組織・器官、個体)の実験を体験することで、生物に対する知識と理解を深め、理科(科学)に対する興味・関心を高めていただければ幸いです。高校生のみなさんには、教科書や参考書の勉強だけでは感じることのできない、貴重な体験ができると思います。

 

また1月6日の実験の後には、プログラムに参加した高校生・引率の先生方と総合科学部教員が昼食を食べながら懇親会(アーツ&サイエンス・カフェ)を行います。

 

日  時: 1月5日、6日、7日 10:00-13:00

会  場:徳島大学総合科学部3号館1階生物学実験室

募集対象:高校生約30名/日(先生・保護者見学可)

申込締切日:平成23年12月22日(定員に達しない場合は実施前日まで)

申込方法:配布チラシの裏面を郵送、FAXまたは電話、メイルにて

参 加 料:無料(ただし事前申込が必要です)

持 ち 物:ノート、筆記用具 主 催:徳島大学総合科学部

 

詳細はこちら