講演会「ひきこもりつつ生きる地域づくり」を開催

2011年10月17日

この度,徳島県受託事業「平成23年度ひきこもり支援対策事業」の一環として,「ひきこもりつつ生きる地域づくり:新たな生き方を見出すという生き方」という講演会,シンポジウムを開催することにいたしました.

本講演会は,徳島県受託事業「平成23年度ひきこもり支援対策事業」の一環として,徳島県ひきこもり研究会との共催で開催するものです.  基調講演では,ひきこもり支援に深く携わってこられた,立命館大学産業社会学部の山本耕平先生をお迎えして「ひきこもりつつ仲間と育ち,仲間とともに生きる―新たな生き方を見出す若者たち―」というタイトルでご講演を頂きます.  シンポジウムでは,ひきこもり経験を踏まえた新たな生き方を模索するための地域づくりについて,徳島県と高知県のひきこもり地域支援センターで支援に携わっておられる,徳島県精神保健福祉センターの梅崎一郎氏と高知県精神保健福祉センターの山光康雄氏をシンポジストに迎えて,四国という地域資源の少ない土地で,多様なニーズを抱いているひきこもりの子ども・若者にどう答えていくか,今後の地域での支援のあり方を探っていきます.

 

開催日:2011年11月6日(日)

場 所:徳島大学総合科学部3号館1階スタジオ

13時00分 開場

13時30分 開会の挨拶 曽我部 誠氏(宮内クリニック,徳島県ひきこもり研究会・代表)

13時35分~15時00分 基調講演「ひきこもりつつ仲間と育ち,仲間と共に生きる ―新たな生き方を見出す若者たち― 」

講 師 山本耕平氏(立命館大学産業社会学部 教授)

15時10分~16時30分 シンポジウム「ひきこもりつつ生きる地域づくり」

シンポジスト  梅崎一郎氏(徳島県精神保健福祉センター)

山光康雄氏(高知県精神保健福祉センター)

コメンテーター 山本耕平氏

16時30分 閉会の挨拶

 

 ・参加費は無料です.

・ひきこもりに関心のある方であれば,どなたでも参加できます.

・事前のお申し込みは必要ありません.

・お車でお越しの方は,総合科学部の駐車場をご利用ください.

 

 

詳細はこちら