ディプロマポリシー

(博士前期課程)

次の能力を有すると認められた者に修士の学位を授与する。

1.専門知識と応用能力
創薬科学の専門知識を修得し,応用する能力を身につけている。

2.国際的なコミュニケーション能力
創薬に関する問題を解決する方法とその結果を的確かつ論理的に展開でき,さらに国際社会で通用する国際コミュニケーション能力を身につけている。

3.医療倫理観と社会への貢献力
医療倫理観を備え,創薬科学の分野において創薬・製薬・育薬の研究者,技術者として社会に貢献できる。

4.研究展開能力
創薬科学の専門知識を体系的に学習することで,関連分野の研究展開能力を発揮できる。

 

(博士後期課程)

次の能力を有すると認められた者に博士の学位を授与する。

1.広範な知識と客観的な判断力
広範な教養と学際的なアプローチ,そして客観的な判断力を身につけている。

2.問題解決能力と研究推進能力
創薬に関する課題に対し自ら研究計画を立案でき,問題解決能力・学際的な研究推進能力を備えた国際的に通用する能力を身につけている。

3.医療倫理観と国際的な社会への貢献力
医療倫理観を備え,自立した創薬・製薬研究者及び教育者として国際的・学際的研究を遂行し,社会に貢献できる。

4.先導的な研究能力と教育能力
未知の課題に対し自ら研究計画を立案でき,問題解決能力・学際的な研究推進能力を備えた国際的に通用する力量を持った先導的創薬・基礎薬学研究者及び薬学教育者として活躍できる。

 

(博士課程)

次の能力を有すると認められた者に博士の学位を授与する。

1.広範な知識と客観的な判断力
広範な教養と学際的なアプローチ,そして客観的な判断力を身につけている。

2.国際的に通用する研究遂行能力
臨床への橋渡し研究を遂行できる能力と国際的に通用する能力を身につけている。

3.医療倫理観と先導的な研究能力と教育能力
医療倫理観を備え,臨床に根ざした新たな医療薬学研究の道を切り開き,臨床薬剤師,専門薬剤
師,レギュラトリーサイエンスに精通した薬剤師研究者及びこれらの人材を育成できる医療系薬学
教育者として社会に貢献できる。

4.研究実践力と先導能力
医療における幅広い知識と倫理観を持ち,最先端の薬物治療を支える研究実践能力を備えた指導
的薬剤師や臨床薬剤師として活躍できる。