教育部長のメッセージ

副研究部長(口腔科学教育部長) 河野文昭


平成27年4月から,医歯薬学研究部副研究部長(歯学系),口腔科学教育部長を担当させていただくことになりました。苛原 稔研究部長のもと医歯薬学研究部の発展に努めていく所存です。
蔵本地区には5大学院教育部,大学病院,疾患酵素学研究センター,疾患プロテオゲノム研究センターがあり,医療系クラスターに代表されるような研究の連携が医歯薬学研究部の強みであり,医歯薬学研究部の最大の特色です。その強みを十分に生かしながら,持続的な「競争力」を保ち,高い付加価値を生み出す機能強化に研究部長とともに取り組みたいと思います。
 さて,口腔科学教育部では,本年度,博士後期課程口腔保健学専攻の設置が認められ,すべての教育課程が揃いました。本教育部の特徴として歯科医学分野だけでなく保健福祉関連分野があることが挙げられます。そこで,医療と保健福祉の連携をキーワードとした研究・教育の中心的役割を果たし,学内外の連携を進めながら,世界に羽ばたく研究者,高度専門職業人の育成を目指していきたいと考えております。
皆さんのご支援,ご協力をよろしくお願いします。