ディプロマポリシー

(口腔科学専攻)

次の能力を有すると認められた者に博士の学位を授与する。

 

■ 歯学・学術コース:幅広い科学的基盤をもった口腔科学に関する研究を立案、実行するとともに、実践的な英語能力を含め、国際社会で活躍できる人材。

■ 臨床歯学コース:各種専門医取得のための基本的ならびに先進的な臨床経験を積むとともに、ヒトを対象とした研究から、生命倫理を理解し、科学的根拠に基づいた臨床研究成果を導き出せる人材。

修得すべき能力は以下のとおりである。

 

1.高度な理解力

  口腔科学及び関連する医学や工学についての最新の研究動向を把握し理解できる能力

2.国際性と課題解決能力

  科学的思考に基づいた論理展開を行い、倫理観を備えた研究者として地域社会及び国際社会で活躍できる能力

3.新たな可能性の探索能力

  新たな研究や発展的研究の可能性と実現性を探索できる能力

4.高度専門技術

  高度専門技術とリサーチマインドを備えた医療人として臨床教育指導のできる能力

 

(口腔保健学専攻)

【博士前期課程】

次の能力を有すると認められた者に修士の学位を授与する。

1.高度な知識

  社会から求められる口腔保健学を理解し、これを実践するための高度な知識を有する。

2.高度な専門技能

  教育・研究者として問題解決型授業を主体的に行う能力や、口腔保健学研究・実験の基本的技能を有する。また、入院患者へ行う専門的口腔ケアや、保健福祉活動の場で求められる高度な専門技能を有する。

3.強い責任感と指導力

  学生の職業意識を培う教育担当者としての自覚を有し、科学の進歩に関心を持って継続的な生涯学習を実践できる。また、強い責任感と指導力を有し、チーム医療や医療連携を重視しながら、口腔保健を中核的に推進できる高度専門職業人として健康長寿社会に貢献できる。

4.国際性と問題解決能力

  学際的な科学的知識と国際的視野を併せ持ち、常に最新の口腔保健関連分野の情報収集と学習に心がけ、科学的視点から口腔保健分野の課題を分析・評価し、課題を解決する能力を有する。

 

【博士後期課程】

次の能力を有すると認められた者に博士の学位を授与する。

1.高度な理解力と課題解決能力

  長寿福祉口腔保健学に関する学識と情報収集能力・分析能力を備えており,科学的視点から関連の諸課題を解決できる。

2.教育・研究指導能力

  長寿福祉口腔保健学領域の教育を行う大学等において,倫理観を備えた教育者・研究者として指導できる。

3.高度な専門技能と指導能力

  自らも高度な専門技能を有し,歯科臨床の場や保健福祉活動の場で求められる高度な専門技能の応用及び他分野との連携を指導者として遂行できる。

4.国際性と情報発信能力

  国際的視野を持ち,関連する諸課題にも積極的に取り組み,得られた成果を国際社会に向けて情報発信できる。

5.社会貢献

  長寿社会の課題解決を通して人々の健康と福祉に貢献することができる。