カリキュラムポリシー

(口腔科学専攻)

口腔科学専攻(博士課程)では,国際的に通用する研究者及びリサーチマインドを備えた専門的医療人を養成することをめざし,以下のようなカリキュラムを編成している。

 

1. 医療系教育部(医・歯・薬・栄養・保健)が合同で開講する全専攻系共通カリキュラム科目の学習を通じて,広い視野から基礎的・臨床的知識を習得させ,医学系研究者としての倫理観を育成する。(基盤的な知識と倫理観)

2.口腔科学に関する各専門分野の講義,演習、実験実習を展開させ,歯科医療の進歩に寄与できる口腔科学研究のエキスパートとしての能力を獲得させる。(専門的知識)

3.口腔科学における課題を見出し,研究活動を通して問題解決能力を育成する。(課題解決能力)

4.英語による大学院授業科目の受講や研究発表を通して,国際社会で通用するコミュニケーション能力を獲得させる。(国際性)

5.歯学・学術コースでは,先端医学を学びながら口腔科学の進歩に貢献できる基盤的研究を展開し,国際的に活躍できる研究者を育成できるカリキュラム構成とする。

6.臨床歯学コースでは,先進的な歯科医療技術とリサーチマインドを備えた専門的医療人養成のため,種々の臨床技術(診断、検査、治療など)を習得させ,ヒトを対象とした臨床研究を行いながら,高度な歯科専門教育の指導者を養成できるカリキュラム構成とする。

 

(口腔保健学専攻)

【博士前期課程】

口腔保健学専攻(博士前期課程)では,健康増進及び疾病管理の視点に立って自らの専門領域を捉えうる歯科衛生士教育の担い手や高度専門職業人を養成することをめざし,以下のようなカリキュラムを編成している。

 

1.履修科目は口腔保健学の基礎や基盤を形成する基礎・専門科目,応用力を養う専門科目及び実践教育を行う専門科目の3段階を基本として,各レベルに必修科目を設け,学期進行とともに履修可能科目レベルも上がる段階的教科編成とする。

2.基礎科目として,医療系教育部(医・歯・薬・栄養・保健)が合同で開講する全専攻系共通カリキュラム科目を受講させ,学際的な基礎的・臨床的知識を修得させる。

3.専門科目に次世代の歯科衛生士教育の担い手及び研究者を養成する「教育・研究系コース」と社会が求める高度専門職業人を育成する「臨床系コース」の2コースを設け,各専門分野の担い手として卓越した能力が培えるカリキュラム構成とする。

4.先進的な口腔保健・歯科医療・社会福祉技術とリサーチマインドを備えた教育・研究者や高度専門職業人養成のため,必要科目を確実に履修させる体制を整え,最新の研究成果を学びながら自ら研究を遂行し、口腔保健学の進歩に貢献できるよう研究指導を実施する。

 

【博士後期課程】

口腔保健学専攻(博士後期課程)では,長寿福祉口腔保健学の学際領域の教育・研究を自ら構築し展開できる人材を養成することをめざし,以下のようなカリキュラムを編成している。

 

1.履修科目は長寿福祉口腔保健学の基盤を形成する基礎科目と3つの専門科目(専門基礎科目,専門展開科目,課題研究科目)から構成され,学年進行に併せた段階的な教育課程の編成としている。

2.基礎科目として,医療系教育部(医・歯・薬・栄養・保健)が合同で開講する全専攻系共通カリキュラム科目を受講し,多様な学生が学生間で切磋琢磨しながら,学際的な基礎的・臨床的知識を修得する。

3.専門展開科目では特色を有する6領域を設定しており,このうちの2領域の専門展開科目を修得することにより,養成の目的に応じたカリキュラム体制が構築できる。

4.グローバル化を見据えて大学院授業科目の受講や研究発表に英語を組み入れ,国際社会で通用するコミュニケーション能力を獲得させる。

5.博士論文の作成と研究成果の発表を通じて,超高齢社会における諸問題の理解・解決能力ならびに新分野を開拓する能力を身につけ,長寿福祉口腔保健学の進歩に貢献できるよう研究指導を実施する。