次世代電気エネルギーシステムに関する研究

概要説明

低炭素社会や地球環境問題を解決したサステナブル社会の実現には,様々な技術課題が存在する。電気エネルギーの発生・輸送・供給・そしてその利用まで含めた全体として,効率的なシステムの構築がこのテーマの目的である。このためには未来人類のエネルギーの供給方法,インテリジェントな電力ネットワークの構築,そして電気エネルギーの有効な利用技術が必要である。特に電力ネットワークの構築には,自然エネルギーの活用と分散電源の活用,電気自動車の普及あるいは二次電池,高効率な電力変換技術,高度情報インフラと計測・通信・制御システムなどの技術の研究開発が行われなければならない。さらに電気エネルギーを活用した環境保全技術や生体作用(バイオエレクトリクス)を複合することで,全体としてシステムが成立するが,これらのために電気エネルギーの一つの形態であるパルスパワーや放電プラズマ,LEDなどの活用技術の研究開発を進める。

 

研究テーマ名

  1. エネルギーの発生と有効利用法に関する研究green.gif
    1-1 概要

    将来のエネルギー源としての核融合発電炉におけるプラズマ・壁相互作用,GaNによるパワー用半導体素子の開発と無線電力伝送技術の開発,電気自動車や急速充電のための次世代パワーエレクトロニクス技術,電動力応用の高効率化のための次世代高効率モータの開発,太陽光や風力等自然エネルギーの有効利用のための出力予測技術,高度情報処理技術を用いた次世代向け発電設備の構築,高度情報インフラを用いた次世代電力システムの開発,およびこれら全ての基礎となる次世代向けの制御技術などに関する研究が主なテーマである。

     

    1-2 キーワード

    核融合,パワーエレクトロニクス,ロボット工学,制御理論,電力系統制御

     

    1-3 担当者  ※下線:研究代表者

    安野卓,大宅薫,川田昌武,北條昌秀,山中建二,久保智裕,大屋英稔

     

    1-4 外部資金
    ・受託研究(株式会社 四国総合研究所),課題名「電力供給・利用システムへの電気工学の先端技術導入や応用等に関する調査研究」,分担,2011年度
    ・共同研究(ウェザーニューズ),課題名「小型気象レーダーによる短時間,局所的気象観測とその気象情報の利用に関する基礎研究」,代表:川田昌武,2011-2016年度
    ・受託研究(株式会社 四国総合研究所),課題名「電力供給・利用システムへの電気工学の先端技術導入や応用等に関する調査研究」,分担,2012年度
    ・共同研究(公益財団法人 鉄道総合技術研究所),課題名「部分放電検出による地上コイル絶縁診断手法の開発」,代表:川田昌武,2011年度
    ・科学研究費・基盤(C),課題名「超電導磁気浮上式鉄道の地上コイル絶縁劣化診断のための電磁波センシング技術の開発」,2012-2014年度,代表:川田昌武
    ・科学研究費・基盤(C),課題名「農作物生育に影響を与えないハウス屋根用太陽光発電システムの開発」,2012-2014年度,分担:安野卓
    ・共同研究(公益財団法人 鉄道総合技術研究所),課題名「部分放電検出による地上コイル絶縁診断手法の開発」,代表:川田昌武,2012年度
    ・科学研究費 基盤研究C「分散形エネルギー源の大量導入と電力系統の安定性を両立する自励式変換器制御」,代表:北條昌秀,2013年度
    ・共同研究(公益財団法人 鉄道総合技術研究所),課題名「部分放電検出による地上コイル絶縁診断手法の開発」,代表:川田昌武,2013年度
    ・受託研究(株式会社 四国総合研究所),課題名「電力供給・利用システムへの電気工学の先端技術導入や応用等に関する調査研究」,代表:川田昌武,2013年度
    ・研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムA-STEP フィージビリティスタディステージ 探索タイプ,課題名「PM感応型ディーゼルエンジンターボチャージャシステムの開発」,代表:山中建二,2013年度

     

     

  2. 電気エネルギーの環境改善・保全への応用に関する研究green.giflife.gif
    2-1 概要

    人類のエネルギー消費やその営みが,二酸化炭素に限らず多くの環境負荷物質を排出する。これらの効率的な除去・分解や,難分解性物質の分解がサステナブル社会の実現に不可欠であり,グローバルおよびローカル環境の改善が目標である。さらに電気エネルギーの生体への影響も積極的に活用すれば,環境改善が可能となる。本研究では,電気エネルギーの一つの利用形態であるパルスパワーや放電プラズマ,あるいはLEDなどを活用して,これらの問題を解決する。

     

    2-2 キーワード

    放電プラズマ,パルスパワー,LED殺菌,環境保全技術,バイオエレクトリクス

     

    2-3 担当者  ※下線:研究代表者

    下村直行,寺西研二,川上烈生,芥川正武,榎本崇宏,橋爪正樹

     

    2-4 外部資金
    ・科学研究費 若手研究(B)「半導体レーザを用いた誘電体バリア放電型オゾナイザ内部のオゾン濃度分布計測」,2011年度,代表:寺西研二 採択
    ・科学技術振興機構JST,研究成果最適展開支援プログラムA-STEP フィージビリティスタディ【FS】ステージ探索タイプ,課題名「紫外線/OHラジカルジェット殺菌と可視光LED光触媒酸化還元作用による果実の鮮度保持テクノロジー開発」,代表:川上烈生,2011年度 採択
    ・阿波銀行学術・文化振興財団 地域共同研究,課題名「低環境負荷なパルスパワーを用いる難分解界面活性剤の処理技術の開発」2012年度,共同研究教員:下村直行 採択
    ・科学研究費・基盤(B),課題名「In vivo実験の加速によるパルス高電界がん治療法の確立と技術開発」,2013-2015年度,代表:下村直行 採択
    ・科学研究費 基盤研究(C)「誘電体バリア放電型オゾナイザ内部のオゾンと窒素酸化物の生成過程解明に関する研究」2013年度,代表:寺西研二 採択
    ・共同研究 株式会社タカトリ,課題名「LED光触媒を用いた生鮮食品の長期貯蔵技術の研究」,代表:川上烈生,2013年度 採択

     

最終更新日:2015年4月6日