エネルギーシステム部門

エネルギーシステム部門

 

教職員紹介学内サイトへ移動します

 

エネルギーシステム部門は、エネルギー変換工学大講座、エネルギー応用工学大講座、エネルギー制御工学大講座および電力エネルギー工学講座から構成されて いる。地球規模で将来的に懸念されているエネルギーの供給不安や地球温暖化防止のためのエネルギー利用に関する問題など、次世代エネルギー技術に関する研 究を行っている。

各講座における主要な研究テーマは次のとおりである。

 

エネルギー変換工学大講座

空力自励音の発生メカニズムの解明と対策法、熱エネルギー輸送管内における環状液膜流の形成機構、燃焼改善による直接噴射式ディーゼル機関の排気低減、二 酸化炭素地下貯留技術と二酸化炭素分離回収技術、ターボ機械の内部流れの解明と高性能化、小容量吸収冷凍機の開発、乱流現象の解明と効率的な制御方法の確 立、ディーゼル噴霧の混合気形成と着火・燃焼に関する基礎研究、固-液相変化現象を伴う熱・物質移動現象、二重反転形小型軸流ファンの内部流れと高性能設 計、パワーエレクトロニクスと電動機制御、電気機器システムの解析診断、電力システムの解析と制御

 

エネルギー応用工学大講座

核融合装置におけるプラズマ・壁相互作用の解析、プラズマ応用技術、超電導材料と超強磁界マグネット、ナノ秒パルスパワーとその応用技術、電力機器診断のためのセンシングと知能型信号処理技術、圧電トランスの応用技術

 

エネルギー制御工学大講座

分光計測機器及び要素の開発、エネルギー法に基づく画像の領域分割に関する研究、部分空間法による構造物のモード特性同定、複数光源イメージスキャナを用 いた3次元物体の形状復元、UAV(Unmanned Autonomous Vehicle)の操作支援制御、ロボット工学と福祉制御工学。

 

電力エネルギー工学講座(連携講座)

電力エネルギー周辺技術、電力供給システム、また、省エネルギー技術や分散型新エネルギー源(太陽光、風力、水力、バイオマス) に関する技術については、各分野の観点に立った研究が行われている。

最終更新日:2008年10月21日