ディプロマポリシー(工学部)

建設工学科

 

次の能力を有すると認められた者に学士の学位を授与する。

 

  1. 知識・理解
     建設技術の体系とこれを支える基礎技術を習得したうえで、いくつかの専門分野では実務レベルの初歩的課題・問題を処理・解決できる知識と応用力を有する。
  2. 汎用的技能
     技術者として論理的に討議・説明できる表現力と語学力を有し、かつ、要求された作業を制約条件のもとで計画的・効率的に推進する能力を有する。
  3. 態度・志向性
     技術者として、責任をもって仕事を遂行できるだけの社会的使命と倫理を自覚している。
  4. 統合的な学習経験と創造的思考力
     自らの専門分野の実務レベルの初歩的課題・問題の学習経験を有し、かつ、技術の歴史と現状を認識したうえで、社会・自然の変化に対応しながら地域や国際社会に貢献していくために必要な知識・技術を自主的・継続的に習得していくための方法や、諸問題を解決していくための地球的視点を有する。

 

機械工学科

 

次の能力を有すると認められた者に学士の学位を授与する。

 

  1. 知識・理解
     工学に関する基礎知識および基礎技術を修得し、機械工学に関する基礎知識、応用力及び創造能力を有する。
  2. 汎用的技能
     技術者として、自らの考えを他者に論理的に説明することができ.異なる意見を持つ他者とも討論を行うことによって、より良い方向に導くことができるコミュニケーション能力を有する。
  3. 態度・志向性
     自律的・継続的学習能力を有する。
  4. 統合的な学習経験と創造的思考力
     機械工学以外の幅広い分野を継続的に学習し、その知識を自らの専門的知識と結びつけて応用することにより、社会の変化に対応できる技術者としての創造的思考力を有する。

 

化学応用工学科

 

次の能力を有すると認められた者に学士の学位を授与する。

 

  1. 知識・理解
     工学の基礎及び専門知識による分析力と探究力の育成:
     工学基礎に関する論理的な解析力・思考力・探究力を有する技術者となる
     専門基礎に関する知識と応用力を有する技術者となる
     専門3分野の基礎知識に基づいた応用力を有する技術者となる
  2. 汎用的技能
     社会を基盤とした人的情報交換:地域社会・国際社会で活躍できる技術者となる
  3. 態度・志向性
     人間としての重要な枠組み形成:豊かな人格・幅広い教養および自発的学習意欲を有する技術者となる
  4. 統合的な学習経験と創造的思考力
     専門知識による問題解決力、もの作りへの応用力の育成:専門的課題について問題解決力を有する技術者となる

 

生物工学科

 

次の能力を有すると認められた者に学士の学位を授与する。

 

  1. 知識・理解
     生物工学技術者として必要となる生命科学領域の幅広い専門知識を修得している。
  2. 汎用的技能
     生命科学を基本とした様々な生物工学技術を理解し、その専門知識を駆使して論理的に課題を遂行できる、課題解決能力を有する。
  3. 態度・志向性
     バイオテクノロジーに携わる人材として相応しい、豊かな人格と教養、倫理観を有する。また、国際的に活躍できる人材としてのコミュニケーション能力を有する。
  4. 統合的な学習経験と創造的思考力
     自ら問題意識を持ち、修得した知識を基盤として課題を発見・設定し創造的な取り組みができる、研究開発力を有する。

 

電気電子工学科

 

次の能力を有すると認められた者に学士の学位を授与する。

 

  1. 知識・理解
     (1)工学基礎に関する知識と応用力を有する。
     (2)電気電子工学の専門基礎に関する知識と応用力を有する。
     (3)電気電子工学の専門分野(物性デバイス、電気エネルギー、電気電子システム、知能電子回路)の基礎知識と応用力を有する。
  2. 汎用的技能
     地域社会・国際社会で活躍するための、基礎的・実践的コミュニケーション能力と自ら主体的に情報を収集・処理・活用できる能力を有する。
  3. 態度・志向性
     豊かな教養を持ち高い倫理観と強い責任感を有する。
  4. 統合的な学習経験と創造的思考力
     (1)専門的課題についての創成能力および自律能力を有する。
     (2)プロジェクト型研究遂行能力を有する。

 

知能情報工学科

 

次の能力を有すると認められた者に学士の学位を授与する。

 

  1. 知識・理解
     情報通信及び知能工学における技術者として求められている標準的水準の能力を維持するとともに、その社会的責任と倫理観を幅広い視野から絶えず意識しながら自律的に行動する能力を有する。
  2. 汎用的技能
     (1)日本語による論理的な記述力、口頭発表力、討議などのコミュニケーション能力及び国際的に通用するコミュニケーション基礎能力を有する。
     (2)構造化や抽象化などの種々のプログラミング言語に共通の概念や機能を習得し、いかなる言語においてもソフトウェアの開発を行う能力を有する。
     (3)数学、自然科学および技術(情報技術(IT)を含む)に関する基礎知識とそれらを応用できる能力を有する。
  3. 態度・志向性
     (1)常に目的意識を持って自主的に学習できる、自律的な能力を有する。
     (2)変化に対応して継続的、自律的に学習できる生涯自己学習能力 (社会のニーズに合わせた目標の決め方)を有する。
     (3)技術の社会及び自然に及ぼす影響・効果に関する理解力や責任など、技術者として社会に対する責任を自覚する能力(技術者倫理)を有する。
  4. 統合的な学習経験と創造的思考力
     (1)現状の情報処理システムにおけるハードウェア及びソフトウェアの実態・問題点を分析し、問題解決法の立案、実行ができる能力を有する。
     (2)情報処理技術関連分野のみならず、 システム管理設計の能力を活かせる各分野で幅広く活躍できる能力をもち、国内外の社会に貢献できる。

 

光応用工学科

 

次の能力を有すると認められた者に学士の学位を授与する。

 

  1. 知識・理解
     (1)光応用工学を学んでいく上で、その土台となる数学・物理・化学の知識を身に付けている。
     (2)英語の読み書き能力、プレゼンテーション能力を有しており、国際的文化を理解している。
  2. 汎用的技能
     系統的な専門教育課程のもとで光技術に関わる課題を創造的に見出し、与えられた制約のもとで解決できる能力を有する。
  3. 態度・志向性
     (1)工学を「人類及び地球上に生きるすべての動植物に技術面から貢献する使命を担うもの」として位置付け、広い視野と個々の使命感を持って生きる光技術者としての素養を有する。
     (2)心身共に健康で活力ある光技術者として活躍できる。
  4. 統合的な学習経験と創造的思考力
     技術者倫理を身につけ、さらに文学・芸術に対する感性や人の心に対する感性の豊かな光技術者としての素養を有する。

 

最終更新日:2013年9月12日