知能情報工学科

知能情報工学科

 

 

知能情報工学科は、高度情報社会を担うためのコンピュータ技術者の人材養成という社会的要請に対応するため、急速に進展する情報科学および情報産業において、十分適応し得るハードウェアならびにソフトウェア技術を身につけ、あわせてシステム全体を大局的に把握し、知的で創造的な手法によってコンピュータを使いこなす技術者の育成を目指しています。

当学科の基礎情報工学講座では、計算機ハードウェアおよびソフトウェア、情報通信、情報セキュリティ、人工知能の基礎理論を中心とした情報工学の基礎分野について、また、知能工学講座では、計算機に知能を与える人工知能の分野やマルチメディア処理における計算機応用技術分野について、それぞれ教育研究を行うことを狙いとしています。

 

知能情報工学科の特徴

知能情報工学科には、知能工学、情報科学に関する最先端の教育研究に加えて、グループ単位での“ネットワーク対戦型ゲーム、自律ロボットの製作”を通じた総合的学習という、大変ユニークで魅力的なカリキュラムがあります。2 年次のソフトウェア設計及び実験(ソフトウェア実験)、3 年次のシステム設計及び実験(システム実験)がこれに該当します。ソフトウェア実験では、ネットワーク対戦型コンピュータゲームの製作を通じ、ソフトウェア設計、プログラミング技法に関する専門的基礎を学びます。システム実験では自律走行型ロボットの製作を通じ、ハードウェア設計、製作の技法と、自律制御に関する専門的基礎を学びます。いずれの実験も最終日にコンテストを行います。コンテスト入賞を目標に、グループ間で競い合いながら、興味を持って楽しく実験に取り組んでいます。

 

基礎情報工学講座

コンピュータ技術のハード、ソフト両面における協調的発展に資するために、新しい計算機システムと集積回路に関するハードウェア技術およびソフトウェア技術のほか、人工知能、感性情報処理、情報通信、情報セキュリティ、パターン認識の基礎分野の研究を行っています。

 

知能工学講座

多方面にわたるコンピュータの知的で、効率的な運用に応えるために、人工知能および知識工学などの知識情報処理、ニューラルネットワーク、画像処理技術、音声認識、自然言語処理、情報検索、ユビキタスLearning に関する研究を行っています。

 

最終更新日:2008年10月16日