電気電子工学科

電気電子工学科

 

 

電気は、「携帯電話」「コンピュータ」「家電製品」「自動車」「航空機」「オフィス」「製造業」などの広範囲の分野で使われています。その使われ方も、動作を制御する神経のような役割や、電波のように情報を伝える伝送路としての役割、あるいは、エネルギー源そのものなど、多種多様です。

電気電子工学科では、「電子デバイス」「半導体レーザ」「電気エネルギー」「ロボット」「電気自動車」「クリーンエネルギー」「自動制御」「通信システム」「医用電子機器」「生体情報処理」「エレクトロニクス」「コンピュータ」「ソフトウェア」など、電気を使ったハイテク技術の最先端の専門分野について教育・研究が行われています。

 

電気電子工学科の特徴

電気電子工学は今日の科学技術革新の中心的役割を果たし、急速に発展を続けている分野です。本学科では、幅広い専門分野を効率よく学習するため「物性デバイス分野」「電気エネルギー分野」「電気電子システム分野」「知能電子回路分野」の4つの専門分野に分かれて教育・研究を行っています。1年次にはどの専門分野でも必要な基礎科目を広く学習し、2年次、3年次へと進むに連れて、各専門分野の応用科目が増えていき、次第に専門性を身につけることができるような教育カリキュラムになっています。したがって、入学時には自分の本当に進みたい専門分野が決まっていない人でも、勉強をしながら、本当に自分の進みたい専門分野を見つけることができます。いろいろな夢を入学後に選べる学科と言えるでしょう。

 

物性デバイス講座

気体、液体、固体中の電子の物理現象や半導体を用いた電子デバイスの設計・製法に関連する分野

キーワード:電気電子材料、光回路素子、プラズマ、窒化物半導体、青色発光ダイオード

 

電気エネルギー講座

電気エネルギーの発生・輸送と、動力へのエネルギー変換・利用法に関連する分野

キーワード:モーター、ロボット、電気自動車、パワーエレクトロニクス、クリーンエネルギー

 

電気電子システム講座

コンピュータを用いた設計・制御にかかわるシステムや各種の情報処理と情報通信に関連する分野

キーワード:通信システム、情報ネットワーク、制御システム、医用生体工学、信号処理、画像処理

 

知能電子回路講座

電子回路の解析・設計法やコンピュータ等の知能をもつハードウェアとソフトウェアに関連する分野

キーワード:アナログ電子回路、LSI設計、IC検査、情報処理システム、脳型コンピュータ、カオス

 

最終更新日:2008年10月16日