化学応用工学科

化学応用工学科

 

 

化学応用工学科では、各種の高機能性物質材料の設計と合成手法の開発に関する物質合成化学、物質の構造と機能の実用的応用の基礎となる特性を微視的立場から解明する物質機能化学、ならびに化学工業における製造プロセスの開発と装置設計・保全に関わる化学プロセス工学の3 つの分野で広範囲の教育・研究を行い、産業界の要請に応えうる人材育成をめざしています。

現代の化学技術の飛躍的発展の一翼を担う人材を育成するためには、基礎学力と柔軟な応用力が必要であると考え、当学科では基礎から応用までの専門知識を系統的に体得するとともに、豊かな人格、幅広い教養および倫理観を身につけ、自発的に問題を解決する能力や、創造性、表現力、コミュニケーション能力を備えた化学者・技術者を養成することを目標としています。

 

化学応用工学科の特徴

化学応用工学科での教育は、特定の分野に囚われることなく、工学基礎科目、化学及び化学工学の専門基礎科目に重点をおいており、化学の基礎を習得することができます。専門基礎科目では実験を重視し、基本的な実験手法を身につけるとともに、講義・演習で学習した内容を、実験を通じて体得することを目標としています。その他にも、危険物の取り扱いや、災害防止、地球環境問題、工業倫理など様々な観点から多岐にわたる講義が開講されています。

他にも初年次にはTOEIC-IPを受験し、英語能力の把握と向上に役立てています。

また少人数によるワークグループで学生自らが設定したテーマの調査分析を行い、成果を口頭で発表する創成学習を導入し、能動的学習意欲やプレゼンテーション能力を高めています。さらに新入生研修やスポーツ大会などを通じて、学生と教員の親睦を深めています。

 

物質合成化学講座

有機化合物・高分子化合物の合成、分離分析、反応メカニズムの解明などの基礎化学とその手法を応用して、高付加価値物質、高機能性材料の創造について教育・研究する分野です。有機合成化学、高分子合成化学などの4つの研究グループがあり、生活に役立つ新しい物質、素材をつくる夢を追求しています。21 世紀は真の意味で原子・分子の時代といって過言ではなく、当講座のめざしている「分子設計」の夢は果てしなく広がります。

 

物質機能化学講座

我々の周りには様々な機能を持つ物質があります。また、化学では今までにない新たな機能を有する物質を合成することが出来ます。物質が有する多様な機能を可能な限り引き出し、その活用法を編み出していくことが、「化学」を学ぶ真の醍醐味と言えます。我々のグループは、非常に幅広い化学のバックグラウンドを基に教育・研究を行っています。皆さんがここで学ぶことで、化学の持つ素晴らしい学問の広がりを体感し、旺盛な知的好奇心を十分満足することができると確信いたします。

 

化学プロセス工学講座

化学工業における装置の設計ならびに新しい材料の機能設計に関する基礎理論と応用技術について教育・研究する分野です。高度な科学技術社会では、「画期的な新機能」と「環境へのいたわり」を同時に満たすような材料や反応の創造という、重要な課題を背負うようになってきています。21世紀はまさにこのようなプロセス開発が望まれる時代となり、日々学生と教員が研究に励んでいます。今こそ社会のニーズに応えうる若い人達の力が求められています。

 

最終更新日:2008年10月16日