生物工学科

生物工学科

 

 

近年の生命科学の進歩は目覚ましく、生物の仕組みや機能が分子レベルで解明されようとしています。様々な生物から次々に発見される生命科学の情報は、生物の持つ無限の可能性を利用する新技術であるバイオテクノロジーへ応用されています。

現在、私達の社会は、エネルギーや食糧の不足、環境汚染、癌やエイズなどの数多くの問題を抱えています。これらの難問を解決するためには、バイオテクノロジーによる生理活性物質や新素材(バイオマテリアル)の生産、また新しい有用生物の創造など、すなわち「生物工学:バイオエンジニアリング」が必要不可欠です。

生物工学科ではこのような時代背景を受け、今世紀において嘱望されるバイオ新技術を担う人材の教育と研究を行っています。

 

生物工学科の特徴

「生物工学」とは神秘的な生命システムを科学の力で解明すると同時にその研究成果を工学的に有効利用する学問であり、既存の工学、医学、薬学、農学などの広い分野を有機的に統合した学際的融合領域に属します。このような領域の専門機関設立を目的に、本学科は全国3番目の国立大学生物工学科として設置されました。

本学科の教育カリキュラムは日本技術者教育認定制度(JABEE)の認定を受けており、工学と密接に関連する生物工学の特色が打ち出せるプログラムとなっています。特に主幹となる専門科目は物理化学、有機化学および生化学を中心に充実した基礎専門科目と最先端の応用科目から構成され、生命科学に関する多彩な知識や技術を自在に駆使し、生物工学の幅広い領域で活躍できるバイオスペシャリストの育成を目指しています。

 

生物機能工学講座

生体および生体物質の機能と構造を研究し、それを模倣したり、調節あるいは改変することによって、有用な物質の生産や様々な産業分野で必要となるバイオ技術の開発を行います。例えば、生物に対する温度・圧力作用の解析に基づく環境適応性の解明、新規に設計・合成した様々な化学物質の中からの抗癌性物質の検索と応用、低毒性で環境に優しい抗菌性薬剤の開発、病原体が作る生理活性物質の機能解析とその遺伝子・蛋白質工学的な改変など行っています。

 

生物反応工学講座

生物の物質変換反応に携わる酵素や、細胞の増殖・分化を制御する細胞増殖因子などの生体物質を同定し、その反応機構や作用特性の解明と同時にその応用技術の開発を行います。例えば、プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)の構造と機能の解析に基づいた生体内情報調節技術の開発、動物の発生機構研究からの情報を利用した有用新動物の創成や組織複製技術の開発、生体触媒による有用物質の高効率生産やバイオマス(生物量)の有効利用方法の構築などを行っています。

 

最終更新日:2008年10月16日