建設工学科

建設工学科

 

 

今の日本は、市民生活がとても便利で、産業・経済活動も活発です。これは、道路、鉄道、空港、港湾などの交通施設がよく整備されていることに加えて、原子力・火力・水力発電の施設や石油・天然ガスなどの備蓄・配送システムが充実しているからです。

一方、日本では、地震、津波、台風、大雨などの自然災害が、世界的にみても頻繁に発生しています。しかし、人命や財産の被害は、他の国と比較すれば非常に小さく押さえられています。これは、河川や海岸での水防・防波対策あるいは山間地域での山崩れ・地すべり防止対策が効果的に実施されているためです。

このように、世界でも屈指の高度な産業・経済基盤の構築とあわせて、人々が安全で快適に暮らせる国土環境の整備を実現するために必要な技術体系が建設工学です。

 

建設工学科の特徴

建設工学科では、人々の安全で快適な暮らしや産業・経済活動を支える国土と社会の基盤整備に必要となる多様な技術について、基礎から応用まで幅広く修得し、新技術の開発や計画・設計理論の高度化に向けた研究をすることができます。

教育プログラムでは、「スタディーズ(科目群)制」と呼ばれる、他大学の建設系学科には見られないユニークなシステムをとっています。これは、2年生までで専門基礎科目の修得を終えたのちは、「建造物デザインスタディーズ」と「地域環境マネジメントスタディーズ」のいずれかを選択し、希望進路に関わる専門応用科目群を集中的に学習できるようにしたものです。また、本学科には、勤労学生・社会人向け4年制学士課程としての夜間主コースもあります。

 

建設構造工学講座

橋梁、高架、擁壁、高層ビルなどを安全に設計・施工するために、構造物の耐荷・変形解析、合理的な耐震・耐風設計、鉄筋コンクリート構造の設計、新しい建設素材の開発などを教育・研究しています。

 

環境整備工学講座

地震や台風など自然災害の防止・軽減とともに、国土の自然環境の保全・復元に向けて、河川および海岸の防災システム、水資源の高度利用技術、生態環境の保全・復元技術などを教育・研究しています。

 

社会基盤工学講座

多様な構造物の基礎となる地盤・岩盤の強度評価や斜面の安定性改善策に資するため、地盤・岩盤の構造および力学的特性とその耐荷解析、ジオメカニクスや先端的地盤改良技術などを教育・研究しています。

 

社会システム工学講座

安全で便利な都市や交通網の整備とともにうるおいのある地域づくりを目指して都市計画、交通計画、景観計画などにおける予測と評価の理論と手法、環境デザインなどを教育・研究しています。

 

最終更新日:2008年10月16日