アドミッションポリシー カリキュラムポリシー ディプロマポリシー


 

各学科紹介

建設工学科

建設工学は、安全、快適で、豊かな国土の基礎となる様々な土木施設の建設等を対象としており、本学科は、土木施設の計画・調査・設計・施工・維持・管理に必要な基礎理論と応用を教育している。

機械工学科

本学科は、新素材、メカトロニクス、エネルギー革新技術と、ロボット、ファクトリ・オートメーション等の高機能化と知能化をめざして、広い産業分野で活躍する人材を養成する。

化学応用工学科

資源に乏しいわが国において、化学工業の占める割合は極めて大きい。本学科は、化学を工学的立場から教育研究し、創造性が豊かで、技術革新に積極的に対応できる人材の養成をめざしている。

生物工学科

本学科では、生物の示す多様ですぐれた機能を学び、遺伝子組み替え、細胞融合等の最新のバイオテクノロジーを取り入れ、有用物質の生産、エネルギー産出、環境保全、情報処理等の工学的利用をめざしている。

電気電子工学科

本学科は、材料や半導体の中心とする電子デバイス、電気エネルギーの発生・変換等、電気電子工学における信号処理・制御、電子回路の設計・解析や知能的ハード・ソフトウェアの教育と研究を行っている。

知能情報工学科

現代は、工業化社会から高度情報化社会への変革の時期にさしかかっている。本学科は日進月歩の情報科学及び情報産業に十分適応し、多様化された情報化社会に対応するため、柔軟な教育・研究を実施している。

光応用工学科

光技術は、医療・生命工学分野、光スイッチング素子等のナノ工学分野、LED照明等のエネルギー・環境工学分野への応用が期待されている。本学科は、光技術に関わる課題を創造的に見いだし、広い視野をもって独創的に解決する人材の育成をめざしている。

工学基礎教育センター

工学教育の原点は、基礎的な原理を使いこなして、問題を解決する能力を養成する事にある、との観点に立ち、各学科共通の基礎として不可欠な数学、物理学の密度の高い教育を目指している。


関連情報
最終更新日:2015年7月9日