本学部卒業生 中村修二教授(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)がノーベル物理学賞を受賞されました。

2014年10月8日

このたびノーベル物理学賞に赤崎教授、天野教授、中村教授の日本人科学者3名が受賞されましたことを心からお慶び申し上げます。特に、当学部、大学院出身者の中村修二先生がそのお一人として栄誉に輝かれましたことは、誠に驚嘆すべき慶事で当学部、徳島大学にとり大きな名誉に存じます。このことは、後に続く学生、教職員全てにとりまして誇りとなるもので、心から感謝申し上げたいと存じます。

思い起こしますまでもなく、東日本大震災と続く原発の被災から、一挙に我が国は多くの人々が厳しい現実の中に生きる術を模索する毎日となりました。エネルギー危機は差し迫った社会の課題となり、私たちの身の回りでも灯りという灯りは圧倒的にエネルギー効率の高い発光ダイオード(LED)に、という流れが加速しました。この立役者となったのが、今回の3名の受賞者の方々、ならびに中村教授の青色LED研究をたった一言で了承された日亜化学工業の故小川信雄会長様と開発に尽力された同社経営陣と技術陣だったのではないかと思っております。

今回の受賞は、我が国の産学官共同の研究課題推進が功を奏した特筆すべき例となったものと思います。徳島大学ならびに徳島大学大学院、工学部は今回の中村先生の受賞を大きな励みとして、一層研究力を高めるとともに、進取の気風に富み創造力ある人材の育成に邁進し、我が国と世界の視野で活躍する一方、地域と社会にも貢献できる人材育成に努めて参ります。

改めて中村先生はじめ3名の方々の栄誉を讃えますとともに、心から敬意を表します。今後の益々のご活躍を期待申し上げております。

 

徳島大学工学部長

河村 保彦

 

記者会見   ▲記者会見風景