エコシステム工学コースでは上勝町・高丸山にて下草刈りの実習を行っています。現地スタッフの方々から説明を受けた後、山に入って実際に下草狩りを行うことで環境保全の現場を体験しています。


 

レーザーを用いた微細加工の実験風景です。クリーンルームにてフェムト秒レーザー(カメラのフラッシュよりもずっとずっと短い時間だけ強力な光を放つ装置)の光をガラスや半導体に集光照射することで加工しています。


 

走査型電子顕微鏡(工学部共同利用設備)を用いてレーザー照射によって形成された構造を観察しています。ナノメートルスケールの構造を観察することが出来ます。


 

この車いすは,通常のジョイスティック操作の電動車いすに,障害物センサーと半自動型の操作アシスト制御機構を組み込んだものです。通常は搭乗者の操作に追従して動きますが,衝突を回避するために,障害物が接近すると回避動作をアシストするように介入します。研究では,介入アシスト制御の介入度などを最適に設定するためのシミュレーションなどを行っています。これらの結果を組み合わせて適度なアシストを実現することを目的としています。


 

本研究室では,視覚障害者のための社会基盤整備を目指した研究として,点字ブロックの色彩や補助として側帯を併用した場合の弱視者における視認性の検証などを行っています。実証実験では,実際に弱視の方にボランティアで被験者となっていただき,予め用意しておいた様々な組み合わせにおける点字ブロック・側帯の視認性を評価しています。