センター概要

理念・目標

世界的に重大な課題となっている糖尿病を克服することは、糖尿病死亡率国内ワースト1である徳島県にとっても最重要な課題である。このため、国内で類例のない戦略的な研究体制として、徳島大学に糖尿病臨床・研究開発センターが設立された。本センターは、「1.地域の医療をけん引する徳島大学病院での糖尿病診療を充実させ、県内各医療機関との医療連携を推進する、2.学内外とのグローバル連携および部局横断連携に基づく先進的な糖尿病研究開発を行う、3. 卓越した基礎研究成果を臨床へつなげるトランスレーショナルリサーチの展開と臨床試験の推進を行う、4.産学官連携推進を支援する知財活動を行う、5.実際の医療の現場で先進的医療を行う糖尿病関連医療人の人材育成を行う」ことを目標とする。

 

沿革

平成22年 1月 1日 糖尿病臨床・研究開発センター開設

 センター長に松本俊夫教授が就任し、糖尿病開発研究部門では

 部門長・基礎研究分野長に親泊政一教授、診断・測定法研究分野長

 に野地澄晴教授、食品・薬品素材研究分野長に玉置俊晃教授が

 就任した。また糖尿病臨床部門では臨床研究分野長に船木真理

 特任教授が就任となる。

平成22年 1月16日 松久宗英特任教授が糖尿病臨床部門長・診療分野長に就任。
平成22年 4月 1日  井上寛特任教授が遺伝情報解析分野長に就任。
平成22年12月16日 阪上浩准教授が基礎研究分野に就任。

平成24年 4月1日   野地澄晴教授が理事になられた為、診断・測定法研究分野の

             アドバイザーに就任。

平成24年 4月1日  親泊政一教授が診断・測定法研究分野長を併任。

平成24年 6月16日 井本逸勢教授が遺伝情報解析分野長に就任。

平成26年 1月1日   松久宗英特任教授がセンター長に就任。

平成28年 4月1日 先端酵素学研究所 糖尿病臨床・研究開発センターに改組

平成28年 4月1日 島袋充生特任教授が病態・治療研究分野長に就任。

平成28年 4月1日 粟飯原賢一特任教授が地域医療推進分野長に就任。

平成28年 9月1日 島袋充生特任教授が福島県立医科大学にご栄転。

 

構成図

機構図20160901

 

機構図20160901(147KB)