遺伝情報解析分野

  糖尿病センター図.jpg

井本先生.jpg遺伝情報解析分野長  井本 逸勢 教授

2型糖尿病をはじめとする多因子疾患の発症や進展には、遺伝的素因と生活習慣が複雑に関係しています。最近のゲノム解析研究の結果、糖尿病に関わりのある遺伝子やゲノム領域が発見されてきていますが、個々の遺伝子の変異・多型の頻度やそれらの危険因子としての強さ、あるいは機能や発症機序などに関して未解明の部分が多く、遺伝子レベルでの予測や予防には充分な情報は得られていません。遺伝情報解析分野では、糖尿病の予防や治療に役立つ研究の推進、支援を目的 に、ゲノムワイド(巨視的)から一領域(微視的)に至るまでの様々なレベルでゲノム・エピゲノム解析と情報解析を駆使した研究環境を構築しています。


各研究室の紹介