食品・栄養素研究分野

阪上先生

食品・栄養素研究分野長  阪上 浩 教授

地域特産物に含まれる機能性成分の分析・抽出法・品質安定化技術を確立すると共に、地域食材を用いた抗肥満・血糖上昇抑制食品の開発や肥満および糖尿病を克服するための医薬品素材の開発研究を行っています。また、様々な代謝物を網羅的に解析しようとするメタボローム解析(写真左)によって生活習慣病や肥満症の原因の特定や早期診断マーカーの探索にも取り組んでいます。さらに、PET-CTを用いたインスリン抵抗性評価法確立(写真右)にも取り組んでおり、糖尿病研究解析プラットフォームを通して広く活用して頂く予定です。

 

各研究室の紹介(阪上教授)