基礎研究分野

基礎研究分野.jpg

親泊先生.jpg

基礎研究分野長  親泊 政一 教授

基礎研究分野では、トランスオミクス解析手法を駆使して糖尿病とその合併症の分子メカニズムを明らかにすることで、最終的に臨床で役立つ基礎研究を目指しています。具体的には、小胞体ストレスに着目した糖尿病やその合併症の発症機序研究と、小胞体ストレスを解消する薬剤や小胞体ストレス応答を制御する薬剤の開発による新たな治療法開発などに取り組んでいます。

 

各研究室の紹介(親泊教授)