クラウドファンディングに挑戦します-「宇宙栄養研究センターで有人での宇宙探査に必要不可欠な宇宙食を開発したい!」

2018年12月4日

「宇宙栄養研究センター」は、宇宙環境による疾患に有効で、地上でも食べなれた「機能性宇宙食材」を開発しようとしています。

この研究は、高齢化社会や、災害時の非難時の食事でも、役に立つ可能性を秘めています。

近年、有人の宇宙探査計画が世界中で計画されています。火星などでは、食材の補給が難しいので、宇宙で栽培できる食の必要性が高まってきています。

その研究をするため、ここ徳島大学はうってつけの場所です。理由として、徳島大学はLEDの研究が非常に盛んであることと、日本で唯一医学部内に栄養学研究の学科を持っていることが挙げられます。この2つの特徴を互いに連携させ、JAXAの職員の応援を得て、このセンターを設立することができました。ここで完全閉鎖型のLED植物工場を開発する予定です。

今回、このセンターの運営資金を募るために、クラウドファンディングに挑戦したいと思います。

 

宇宙栄養研究センターで有人での宇宙探査に必要不可欠な宇宙食を開発したい!

クラウドファンディングに挑戦します。皆様のご支援をお願いいたします。

 

■挑戦者:二川 健 教授(徳島大学)

 

■挑戦期間:平成30年12月1日(土曜日)~平成31年2月1日(金曜日)

 

 

■クラウドファンディングサイト

https://otsucle.jp/cf/project/1754.html