総合科学部公開セミナー「人文知・社会知への誘い」を開催しました

2018年8月10日

7月27日,第14回総合科学部公開セミナー「人文知・社会知への誘い」を開催しました。

今年は日中平和友好条約締結40周年に当たり,徳島県日中友好協会共催のもと,大学院社会産業理工学研究部社会総合科学域 葭森 健介 教授(徳島県日中友好協会会長)が「東アジアの中の日本と中国 ~卑弥呼・聖徳太子から福沢諭吉へ~」の演題で講演を行い,その後41名の参加者とともに,中国と日本,朝鮮半島の問題,東アジアの将来について意見交換を行いました。

総合科学部公開セミナー「人文知・社会知への誘い」は,地域の一般の方や大学生,高校生を対象とした市民講座であり,定期的に開催されています。

 

1.jpg 2.jpg

会場の様子