「第22回科学体験フェスティバル in 徳島」を開催しました

2018年8月10日

8月4日、5日の2日間、本学理工学部において「第22回科学体験フェスティバル in 徳島」を開催しました。

このフェスティバルは、小中学生を主な対象とし、実際に科学実験等に参加することで、科学の楽しさや不思議さを体感することができ、地域においても夏休み期間中の恒例イベントとなっています。

今年は酷暑による影響で来場者が少なくなるのではないかという懸念もありましたが、両日とも早朝から大勢の参加者が列を作り、2日間で延べ9,000人が来場しました。

各ブースでは、自然現象に対する驚きや不思議な科学反応をVRやゲームをとおして体験し、科学が引き起こす不思議な現象をブース運営者が参加者にわかりやすく説明していました。

このフェスティバルが、来場された参加者のよき思い出となり、科学に興味を持つきっかけとなれば幸いです。

 

開場の挨拶をする学部長 ハンドスピナーを作って、回転の仕組みを考えよう!

熱で変化!プラスチックでアクセサリーを作ろう 光で動くミニ4駆

会場の様子