こまつしまリビングラボ第1回ワーキングを開催します!(5月29日)

2018年5月28日

徳島大学は、地域創生センターの取組として、「こまつしまリビングラボ」を実施しています。

リビングラボとは、ヨーロッパで誕生し、日本においても取組例が最近増えてきたもので、地域の住民が必要とするものをゼロベースから、住民、大学の研究者、企業人、行政関係者等様々な人間が、色々なアイデアを持ち寄り、検討を加え、試行錯誤しながら、生まれたアイデアを具体的な形に作り上げていくものです。

「こまつしまリビングラボ」は、先月リニューアルオープンした、「みはらしの丘あいさい広場」を舞台の中心に「新しい小松島市」を創造するため、様々な人達に集まっていただき、新商品の製作、新しいサービスの創出、地域の住民の抱える悩みの解決等に取り組んでいきます。

その「こまつしまリビングラボ」の第1回ワーキングを、5月29日(火曜日)の14時から、「みはらしの丘あいさい広場」で開催いたします。

「市民が主役の未来づくり」に興味がある方は、是非、ご参加ください。ただし事前の申し込みをお願いいたします。

 

チラシはこちら(126KB)

 

 

お問い合わせ先

徳島大学地域創生センター

電話番号:088-656-7651

メールアドレス:cr-office@tokushima-u.ac.jp